建物の維持管理は所有者の責任です 建物の外壁等の安全点検を

建物の維持管理は所有者の責任です
建物の外壁等の安全点検を

バルコニーの外壁が剥離し、落下した建物の写真

近年、建物の劣化によって、外壁や屋外看板の一部が公道に落下する事故が発生しています。外壁等の落下は、人命に関わる重大な事故につながる恐れがあります。
事故を未然に防ぐためには、建物の所有者の適切な維持管理が最も重要です。所有・管理または占有している建物が危険な状態でないか、定期的な点検・補修を行い、危険な箇所は改善するなどの対処をしてください。
市は、危険箇所の事例を紹介したリーフレット「あなたのその建物危険では!?」を情報プラザ(市役所1階)、各区情報コーナー、各出張所や各消防署などで配布しています。
また、市ホームページ(「福岡市 建物の外壁等」で検索)にも掲載しています。

■問い合わせ先/監察指導課

電話 092-711-4719

FAX 092-733-5584

安全点検のチェックポイント(一例)
●看板(屋外広告物)
□看板が腐食している
●軒・ひさし
□表層材の剥離
□ひび割れ
●外壁
□外装材にひび割れ
□タイル等に浮き、段差
□白い汚れが浮き出てくる (白華現象)
一つでもチェックが付いたら、劣化のサインです。まずは専門家にご相談ください。

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html