歴史 歩・歩・歩(さんぽ)

歴史 歩・歩・歩(さんぽ)

ボランティアのおすすめスポット

お観音様広場と龕塔碑(がんとうひ)
「歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ)・会」眞田 幸人(65)

小早川隆景が名島城に居城した天正15(1587)年頃、神宮寺という大きな寺が名島城の内濠にありました。

神宮寺は小早川隆景や黒田の藩主から寄付を受けていましたが、

明治維新となり神仏分離令が出されると、衰退し廃寺となってしまいました。

神宮寺が建立されていた場所は、現在、お観音様広場と呼ばれ、その一角に龕塔碑(※)があります。

龕塔碑はお観音様広場が荒廃することを案じた地域住民によって、

昭和4(1929)年に建てられました。

碑文には、神宮寺が廃寺となるまでの沿革が記されていましたが、終戦後削り取られました。

現在は、碑文とその現代訳が記された看板があります。

お観音様広場には龕塔碑のほか、神宮寺歴代の高僧を葬る墳墓などがあり、

名島の歴史をしのぶ場所となっています。

※龕塔とは、断崖や大岩を彫って作られた仏像を納める厨子(ずし)のことで、

後に供養塔や墓碑などに用いられた。

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html