掲載号:2019/10/15   福岡市南区

秋の夜長は灯明まつり  9月から11月にかけて、地域の人たちが手づくりで開催する灯明まつりが行われます。ろうそくの光がつくり出す幻想的な風景が人々を魅了します。   2019/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

燈篭のイラスト

秋の夜長は灯明まつり
9月から11月にかけて、地域の人たちが手づくりで開催する灯明まつりが行われます。ろうそくの光がつくり出す幻想的な風景が人々を魅了します。
玉川校区
千個の灯明が描く天の川
玉川校南区では2年に1度、「たまがわ」灯明を玉川小学校運動場で開催しています。今年は9月14日に行われ、春吉中学校太鼓部や小学生ダンスサークルの発表の後、小学5・6年生と地域の皆さんが協力して灯明に点火しました。メインは、千個以上の灯明で描く「天の川」。すべての点灯が終わったころには、雄大で美しい光景が浮かび上がりました。

灯明のまつりの写真
灯明まつりに初めて参加した子どもは「いつもの学校の雰囲気と違ってきれい。また来たい」と目を輝かせていました。
「たまがわ」灯明委員会委員の島田基治さん(63)は「天の川はもちろん、みんなが心を込めて作った一つ一つの灯明も立派な作品です。灯明まつりは、いろいろな世代が交流できる場を目指しています」と話しました。

まだ間に合う!
音楽とともに楽しめる灯明まつり

2019/10/19(土)
西花畑校区 「灯明まつり」

灯籠に転嫁する中学生の様子
午後5時半から久屋池で行われます。当日は、吹奏楽やオカリナなどの音楽演奏が行われ、フォトコンテストなども催されます。小・中学生や地域の人々が協力して制作した「牛乳パック灯ろう」など、約3,000個の灯籠が池の周りを彩ります。 ※小雨決行。雨天の場合は公民館で実施します。
校区灯明まつり実行委員会委員長の棚町佐武郎さん(54)の話 「三世代交流の場として、少しでも絆を深めてもらえたらと思っています」

2019/11/16(土)
西高宮校区 「あかりのともる新池まつり」

池に映る「西高宮」の文字の写真
午後5時半から公民館横の平尾新池で行われます。池の斜面や遊歩道の脇に並べられた約3,000個の「ぼんぼり」は、見る場所によって違った表情を見せてくれます。当日は「夕暮れコンサート」も行われます。 ※小雨決行。雨天の場合は公民館でコンサートのみ実施します。
校区自治協議会会長の落合和浩さん(68)の話 「幻想的な光景を前に、すてきな音楽とともに夕暮れの時間を楽しんでほしいです」

詳しくは各公民館、または南区企画振興課 電話 092-559-5017 FAX 092-562-3824へ。

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


福岡市南区
ふくおか市政だより 南区版 発行:南区企画振興課 電話 092-559-5017 FAX 092-562-3824
Mail:kikaku.MWO@city.fukuoka.lg.jp
南区役所 〒815-8501 福岡市南区塩原3丁目25の1