掲載号:2019/11/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

みんなが笑顔になれる街へ 安全・安心・ふくおか市   2019/11/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

みんなが笑顔になれる街へ
安全・安心・ふくおか市

市は、地域や事業者、警察、関係機関・団体等と連携を深め、相互に協力しながら防犯施策を推進することで、犯罪のない安全で住みよいまち「ふくおか」の実現を目指しています。
生活安全課の有松勝臣係長(36)に話を聞きました。

生活安全課の有松勝臣係長(36)の写真
■ 福岡市の犯罪発生状況について
市内の刑法犯認知件数は、平成14年の5万7578件をピークに減少し、平成30年には1万4916件と、ピーク時の3割弱になりました。しかし、人口千人当たりの件数は20政令都市の中でいまだワースト上位で推移しているのが現状です。

罪種別の発生状況(平成30年度)の表
■ 自転車やバイクの窃盗など市民に身近な犯罪が多発
罪種別では、窃盗犯が7割以上を占めています。中でも自転車盗は4626件、オートバイ盗は445件で、いずれも天神や博多駅周辺などの都心部や大学周辺で多く発生しています。
発生場所別で見ると、自転車は4割以上、オートバイは6割以上がアパートやマンションなどの共同住宅で盗まれています。また、盗難に遭った自転車のうち、半分近くは無施錠でした。
皆さんも移動手段として自転車やバイクを利用することが多いと思います。きちんと管理されている駐輪場だと手を出しにくい、という心理が盗む側にはあるようです。鍵を掛け、決められた場所に駐輪することで、盗難に遭う確率は確実に低くなります。
■ しっかり鍵を掛けて住宅への侵入を防止
住宅侵入窃盗被害に遭ったのも、6割以上が無施錠の家でした。窓を開けたままにしていたり、ごみ出しの間の短い時間だからと玄関の鍵を掛けずに外に出たりしていませんか。犯人は、ガラスを破るなどのリスクを冒すよりも、手っ取り早く侵入できる無施錠の家を捜しています。トイレや風呂場などの小さな窓からでも犯人は侵入します。
共同住宅での被害件数も全体の半数近くに上っています。オートロックだからと油断せず、鍵を掛け、しっかり防犯してください。
■ サイバー犯罪が全国的にも増加しています
コンピューターやインターネットなどの技術を悪用した「サイバー犯罪」は年々増加し、いつ自分がその被害者になってもおかしくありません。もしトラブルに遭ってしまったときは、市消費生活センターにご相談ください=3面参照。
■ 子どもたちを犯罪から守るために
近年、下校中の小学生が犯罪に巻き込まれる事件も発生しています。市は、子どもたちの安全を確保するために、今年10月から「IoT」を利用した子どもの見守り強化を開始し、市内全域に順次サービスを広げています=下記事参照。
子どもの見守りは、青パトによるパトロールや、登下校時の見守りなど、地域の皆さんの長年にわたる地道なボランティア活動に支えられています。今後、高齢化が進み、共働き家庭が増えるなど「人の目による見守り」が減ってしまったとしても、それを補完し、強化できる環境をつくるためにIoTを活用していこうと考えています。
市内の子どもたちが「見守り端末機」を持ち、市内全域に見守りのネットワークが広がることで「福岡市の児童は見守られている」と印象づけることができ、犯罪の抑止効果も期待されます。従来の取り組みに加え、IoTの新しい技術を取り入れて見守りを強化し、地域みんなで子どもを犯罪から守りましょう。
みんなで、福岡市を安全・安心なまちにしていきましょう。

パトロールの写真
■記事に関する問い合わせ先/生活安全課 電話 092-711・4061 FAX 092-711・4059

※「IoT(アイオーティー)」とは・・・
「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる仕組み」のこと。「Internet of Things」の頭文字を取った単語で、日本語では一般的に「モノのインターネット」と呼ばれています。

IoTを活用した子どもの見守り
市内の小学生を対象に、「見守り端末機(ビーコン端末機)」を無償で配布します。
学校、塾、コンビニ、病院などの「見守りポイント」に固定基地局を設置します。

見守り端末機(ビーコン端末機)の写真
●地域の協力で街中の見守りネットワークが進化していきます

地域の協力で街中の見守りネットワークの表
見守り端末機を持った児童が、地域の「見守りポイント」や、「見守りアプリ」の登録者の近くを通過すると、位置情報等が記録されます。
これにより、行方不明など万が一の事件が起きた際に、警察からの照会に応じて市から位置情報等を提供することができます。
●「見守りアプリ」で地域の見守りネットワークに参加しませんか
下記の無料アプリをダウンロードすると、スマホが「移動する基地局」になり、子どもたちの位置情報をより細かく検知できるようになります。
※児童の個人情報がスマホに記録されることはありません。
otta<R> 見守り人アプリ「オッタ」
今後、保護者・学校・企業・地域に固定基地局の設置やアプリの登録などの協力依頼をしながら準備を進めます。1カ月に約10校ずつ順次サービスを開始していき、おおむね2年で市内全域に見守りのネットワークを広げます。

希望する保護者には、スマホやパソコンで子どもの位置情報や行動履歴が確認できる有料サービスもあります(月額528円)。

関連記事

掲載号:2019/04/15  
紙面お知らせ, 市政だより記事

ゴールデンウイークの市役所等の業務  


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ