新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2019/11/15   福岡市早良区

原西校区 認知症サポーター養成講座 キッズパトロール隊 2019/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

原西校区
認知症サポーター養成講座キッズパトロール隊

声かけ練習の様子の写真

写真で確認する様子
誰もが安心して暮らせるまちを目指して、子どもたちによる認知症の人への声掛け模擬訓練を行っている原西校区の取り組みを紹介します。

同校区の声掛け訓練は、子どもたちが認知症について正しく理解し、高齢者との接し方を学ぶことを目的に平成28年度から始まりました。

訓練では、パトロールをしながら、子どもたちが家に帰れなくなっている認知症役の高齢者を見つけて声を掛け、近くの大人に知らせて保護につなげます。

今年は10月12日に訓練が行われ、小学1~6年生の児童や地域ボランティアなど約40人が参加しました。

まず、パトロール前に▽驚かせないように少人数で声を掛ける▽正面から笑顔で声を掛ける▽目を合わせて優しくゆっくりと話す─など声掛けのポイントを寸劇で学びました。その後、認知症役の人の特徴などを確認し、4~6人に分かれて校区内の公園付近で対象者を探しました。

パトロールの様子

初めは、対象者を見つけても緊張や戸惑いからなかなか声を掛けられなかった子どもたちも、次第に「何か困ったことはないですか」「誰と一緒に来たのですか」など、認知症の人の心に寄り添うような言葉を自ら考え、声掛けできるようになりました。

超高齢社会を迎え、2025年には、65歳以上の約5人に1人が認知症になるといわれています。認知症は決して人ごとではありません。

原西公民館の金子滋館長(68)は「今日学んだことをぜひ家族や友達にも伝えてほしい。子どもから高齢者まで、みんながいつまでも住み続けたいと思う原西校区をつくっていきましょう」と呼び掛けました。

【問い合わせ先】
福岡市早良区地域保健福祉課
電話 092-833-4362
FAX 092-833-4349

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市早良区
ふくおか市政だより 早良区版 発行:早良区企画課 電話 092-833-4307 FAX 092-846-2864
Mail:kikaku.SWO@city.fukuoka.lg.jp
早良区役所 〒814-8501 福岡市早良区百道2丁目1-1