掲載号:2019/11/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

福岡市科学館 FUKUOKA CITY SCIENCE MUSEUM 特別展 マンモス展 その「生命」は蘇(よみがえ)るのか   2019/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

福岡市科学館 FUKUOKA CITY SCIENCE MUSEUM
特別展
マンモス展 その「生命」は蘇(よみがえ)るのか

【日時】 2019年11月23日(土・祝)~2020年2月23日(日・祝)午前9時半~午後6時(入場は5時半まで)

【場所・問い合わせ】 市科学館3階 企画展示室(福岡市中央区六本松四丁目)

電話 092-731-2525 FAX 092-731-2530

【料金 】一般1200円、高大生1000円、中学生以下4歳以上500円

※前売りは各200円引き。4歳未満は無料。

4万年前の冷凍マンモスに会える
気候変動の影響で、近年ロシアの永久凍土からマンモスなど古生物の冷凍標本が良い状態で次々と発掘されています。
東京・日本科学未来館で開催され好評を博した「マンモス展」が、いよいよ福岡に上陸します。本展のために製作された史上最大級の冷凍展示室で、数々の貴重な冷凍標本を世界初公開。2005年の「愛・地球博」(愛知県)で700万人が見た「ユカギルマンモス」も公開します。太古を生きたマンモスが、時空を超えて「生命とは何か」を私たちに問い掛けようとしています。

ケナガマンモスの鼻の写真 ユカギルマンモスの写真
いたるところでマンモス展
期間中は、マンモスの生態や、マンモスが生きていた時代の環境・ヒトの生活に注目した展示やイベント、ワークショップなどを、館内の至る所で行います。
マンモスの絶滅、生き物たちの共生、生命のサイクルの中で考えていくべき未来について、大人から子どもまで楽しく学べます。オリジナルのマンモスグッズがもらえるクイズラリーも実施(基本展示室チケットが必要)。詳しくは、市科学館の季刊誌またはホームページ(「福岡市科学館」で検索)をご覧ください。

マンモスの しっぽの写真 市科学館や情報 プラザの写真

プレゼント
本展の招待券を抽選で5組10人に差し上げます。はがきに住所・氏名・年齢と「最近幸せを感じたこと」を書いて、2019年11月22日(必着)までに市役所広報課「マンモス展」係(〒810-8620住所不要)へ。当選者には2019年11月26日ごろ直接招待券をお送りします。

ドームシアター番組「アイスエイジ」

【日時 】2019年12月4日(水)~2020年3月2日(月)

【場所 】6階ドームシアター

【定員 】各回220人

【料金 】一般510円、高校生310円、小中生200円 ※未就学児無料。

今から2万年前の氷河期、マンモスをはじめとする巨大な動物たちと現生人類が、厳寒に適応しながら生きていました。氷河期は、どのように始まり、終わっていったのでしょうか。近年発見されたミイラと完全骨格を基に2体のマンモスをCGでよみがえらせ、氷河時代の大自然を描きます。大型映像史上初、サイエンス・ドキュメンタリー映画。 ※投映スケジュールはホームページで確認を。

関連記事

掲載号:2019/12/01  
紙面お知らせ, 市政だより記事

人権を尊重する市民の集い  

【申 込 み】不要
【費 用】無料 
【期 間】2019/12/4(水) 中央 平尾校区人権尊重推進協議会/つながる力で共に生きる~重ねてきた7年間。そして、これから~ 大胡田誠(弁護士)/対話こそ共生社会を開くカギ~全盲弁護士、障害者差別解消法を語る~ 2019/12/4(水) 中央 場所 中央市民センター(中央区赤坂二丁目) 問い合わせ 中央区生涯学習推進課 電話 092-718-1068 FAX 092-714-2141 2019/12/5(木) 城南 西日本鉄道 人権推進課/西鉄の共生社会への取り組みについて ピーター・フランクル(数学者/大道芸人)/ワタシは一体ナニジンなんだろう 2019/12/5(木) 城南 場所 城南市民センター(城南区片江五丁目) 問い合わせ 城南区生涯学習推進課 電話 092-833-4044 FAX 092-822-2142 2019/12/5(木) 早良 竹内駿介(NPO法人アベル サービス管理責任者)/発達障がい者の就労・自立支援~アベルの取り組み~ スマイリーキクチ(タレント)/言葉の責任 ネットの被害者・加害者にならないために 2019/12/5(木) 早良 場所 早良市民センター(早良区百道二丁目) 問い合わせ 早良区生涯学習推進課 電話 092-833-4401 FAX 092-851-2680 2019/12/6(金) 南 西日本新聞社 人権啓発室/部落差別をはじめとする人権問題に対する西日本新聞社の取り組み 有馬理恵(俳優)/いのちをみつめて~お芝居とおはなし~ 2019/12/6(金) 南 場所 南市民センター(南区塩原二丁目) 問い合わせ 南区生涯学習推進課 電話 092-559-5172 FAX 092-562-3824 2019/12/7(土) 西 森孝一(西区今津特別支援学校 校長)/災害から子どもたちの命を守ろう!~新たな防災チャレンジ~ 演劇集団フリーダム/ミュージカル「ハッピーバースデー」~命かがやく瞬間(とき)~ 2019/12/7(土) 西 場所 西市民センター(西区内浜一丁目) 問い合わせ 西区生涯学習推進課 電話 092-895-7026 FAX 092-882-2137 2019/12/9(月) 東 グリーンコープ 抱樸館(ほうぼくかん)福岡/生活困窮者自立支援の取り組み 森田ゆり(作家/エンパワメント・センター主宰)/生きる力の人権~虐待やDV防止に向けて~ 2019/12/9(月) 東 場所 東市民センター(東区千早四丁目) 問い合わせ 東区生涯学習推進課 電話 092-645-1144 FAX 092-645-1042 2019/12/10(火) 博多 堅粕校区人権尊重推進協議会/あなたが大切 みんなが大切 笑顔あふれる住みよい堅粕校区にするために ドリアン助川(作家/歌手)/私たちはなぜ生まれてきたのか? 小説「あん」でハンセン病快復者の人生を描いた意味 2019/12/10(火) 博多 場所 博多市民センター(博多区山王一丁目) 問い合わせ 博多区生涯学習推進課 電話 092-419-1025 FAX 092-419-1029
掲載号:2019/12/01  
紙面お知らせ, 市政だより記事

福岡アジア美術館 「アジア美術からみるLGBTQと多様性社会」  

【場 所】福岡アジア 美術館8階アジアギャラリー(博多区下川端町) 
【費 用】一般200円、高大生150円、中学生以下・市内に住む65歳以上無料
【期 間】2019年12月2日(月)~2020年3月17日(火)午前9時半~午後6時(金・土曜日は8時まで。入室は閉室の30分前まで) 
掲載号:2019/11/15  
紙面お知らせ, 市政だより記事

fgn. FUKUOKA GROWTH NEXT 「FGNマルシェ」を開催します  

【申 込 み】 不要
【場 所】フクオカグロースネクスト(中央区大名二丁目) 
【費 用】入場無料 
【期 間】2019年11月27日(水)午前11時~午後6時 

福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ