SDGs(エスディージーズ)について考えるシンポジウムを開催 「持続可能な毎日のために私たちができること」

SDGs(エスディージーズ)について考えるシンポジウムを開催
「持続可能な毎日のために私たちができること」

【日時】 2019年11月29日(金)午後7時~8時半

【場所 】市科学館(中央区六本松四丁目)

【定員 】200人(先着)

【料金 】無料

衣服や食など私たちに身近な視点から、SDGsの目標の一つである「つくる責任つかう責任」などについて考えます。ゲストは、日本各地の工場と連携して日本の「モノづくり再生」に取り組むアパレルブランド「ファクトリエ」の代表・山田敏夫氏、生産から流通・販売までを行う青果ブランド「旬八青果店」を立ち上げ、地域経済の活性化に取り組む「アグリゲート」の代表・左今克憲氏です。
参加希望者は、2019年11月15日以降に氏名・年齢・電話番号を書いてファクスかメール(APCS.GAPB@city.fukuoka.lg.jp)で申し込みを。電話でも受け付けます。詳細はホームページ(「アジア太平洋都市サミット」で検索)でご確認ください。
※この催しは、2020年2019年11月に福岡市で開催される「アジア太平洋都市サミット」のプレイベントです。

■問い合わせ・申込先/アジア太平洋都市サミット担当課

電話 092-711-4028

FAX 092-733-5597

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」の略で、貧困や格差をなくし、持続可能な社会を実現するために2030年までに世界が取り組む行動計画です。

SDGsの表

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html