掲載号:2019/12/01   福岡市東区

住宅用火災警報器は10年経ったら交換を   2019/12/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

住宅用火災警報器は10年経ったら交換を

住宅用火災警報器は、煙や熱を感知して警報を鳴らします。古くなると電子部分の寿命や電池切れで火災を感知できなくなる恐れがあります。

ファイタ君のイラスト

 

市では平成21年に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。当時、設置された火災警報器は交換の時期にきています。この機会に設置年月日を確認し、10年を目安に交換しましょう。

●設置時期を調べるには

火災警報器の設置時に記載した「設置年月日」もしくは、本体に記載されている「製造年月日」を確認してください。また、新しい火災警報器に交換したときは本体の側面に「設置年月日」を記入しましょう。

住宅用火災報知器の写真

●定期的に作動確認をしましょう

作動確認用のボタンを押したり、ひもをひっぱたりして定期的にチェックしましょう。

住宅用火災報知器のイラスト

問い合わせ 東消防署予防課 電話 092-683-0119 FAX 092-683-1129

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1