新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2019/12/15   特集記事, 市政だより記事

特集 福岡の食 2019/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

ロゴ

特集 福岡の食

福岡市の魅力について語るときに、「食」の話題はやっぱり外せません。独自の食文化を形成する、福岡の食のルーツに迫ります。

今も息づく「おもてなし」のDNA

古くから「大陸への玄関口」だった福岡には、渡来人や遣唐使などがもたらす食文化が根付いていました。
鎖国時代にも九州各藩の参勤交代などで客を迎え入れる機会が多く、そのような内外との長い交流の歴史が「訪れる人を快く受け入れ、相手に学び、地域の食材でもてなす」という福岡人の気質を育んでいきました。

いいものは何でも取り入れちゃうのが福岡人

 

水炊きの写真


福岡の食の特徴は「海外の食文化の融合と調和」といえるでしょう。例えば、水炊きのルーツが中国の鶏のスープや洋風のコンソメだといわれるように、よそから来たものをうまくアレンジし自分たちの文化として取り入れています。

また、もつ鍋は、朝鮮半島から来て炭鉱で働いていた人々がモツ肉とニラをアルミ鍋でしょうゆ味に炊いたのが始まりといわれます。

ちなみに、もつ鍋の締めにちゃんぽん麺を使うのは、福岡市中央区天神にある老舗もつ鍋店の大将が店の1階の中華料理店の麺を1玉拝借し、鍋に入れて食べてみたのがきっかけで全国に広がっていったのだとか。

めんたいこの語源は、朝鮮語の「ミョンテ(=スケトウダラ)」です。韓国・釜山にもともとあった明卵漬(ミョンランジョ)(スケトウダラの卵巣を唐辛子などに漬けたもの)を日本人の味覚に合うようにアレンジし、人気が定着。今では福岡土産の代表格になっています。

「ごぼう天うどん」(上)と「丸天うどん」(下)の写真

「海の幸」「山の幸」自然の恵みに感謝

海と山に囲まれた豊かな自然と温暖な気候。福岡の食文化が発展を遂げ、進化を続ける要因には、そんな福岡の風土があります。玄界灘の生きのいい魚はもちろん、福岡ブランドの野菜や果物など、海の幸・山の幸が福岡の食文化をますます豊かにしています。

おいしい「福岡の食」をもっともっと楽しみましょう。

【2面の参考文献】
アクロス福岡文化誌2『ふるさとの食』/福岡検定公式ブック『福岡博覧』(ともに海鳥社刊)

●博多名物数々あれど・・・

福岡の人しか知らない(かもしれない)「名物」を紹介します。

【おきゅうと】

 

おきゅうとの写真
主原料は海で採れるエゴノリで、ミネラルや食物繊維たっぷり。昔博多では、飢饉(ききん)のときに海草や野草など食べられるものは何でも食べたといわれます。おきゅうとは、多くの命を救ったことから「お救人」に由来するとの説も。

【ごまさば】

 

ごまさばの写真
新鮮なマサバをそぎ切りにし、ごましょうゆだれに漬けて食べます。足が早い(=傷みやすい)サバなどの青魚を生で食べることができるのも、漁場に近い福岡市だからこそ。県外にごまさばがないことで、ショックを受ける福岡市民も多いのだとか。

【博多雑煮】

 

博多雑煮の写真
博多雑煮はアゴだしのすまし汁仕立てで、ゆでた丸餅を使います。ヤズからハマチ、ブリ、と大きさによって名前が変わっていく出世魚「ブリ」と、「勝男菜」とも書き縁起がよいとされる「かつお菜」は、共に博多雑煮には欠かせない食材です。

ふくおかはじめてものがたりイラスト

ふくおか「はじめて」ものがたり

現代の日本人が毎日口にするあれもこれも、実は「福岡生まれ」なんです。

 

稲穂のイラスト

稲作農耕は福岡から始まった

昭和53(1978)年、福岡市博多区の板付遺跡でわが国最古の水田跡が発見されました。今からおよそ2,500年前(弥生時代早期)に高度な土木技術で水路や井堰(いぜき)が備えられ、日本で最も早くこの地で稲作農耕が開始されたことが証明されています。

遺跡に復元された水田で 田植え体験の写真

うどんのイラスト

うどんもそばもまんじゅうも

 

福岡に海外の食文化が入ってきた背景には、禅宗寺院の存在もありました。宋からの帰国僧が持ち帰った精進料理は、日本の料理様式に多大な影響を及ぼしています。

鎌倉時代、承天寺(福岡市博多区博多駅前一丁目)開祖の聖一(しょういち)国師が製粉技術や麺・酒饅頭(まんじゅう)などの粉食を日本に伝えたといわれています。ちなみに年越しそば(博多では「運そば」ともいう)は、貿易商人の謝国明が飢饉と疫病の流行で途方に暮れる博多の人々を承天寺に呼び寄せ、そばがきを振る舞ったのが始まりだといわれています。

御饅頭所の碑の写真

お茶の葉のイラスト

おいしいお茶が飲めるのも

日本最初の禅寺である聖福寺(福岡市博多区御供所町)の開祖・栄西(ようさい)禅師が、12世紀ごろ中国(南宋)から茶種を持ち帰って背振山で栽培したのがお茶の始まりといわれています。

イラスト「
近年は、後継者不足でお茶の生産農家が途絶えていましたが、平成16年に福岡市早良区脇山地区で茶の栽培が再開されました。同19年からは「さらなる特産品を」と紅茶の生産がスタート。「脇山産 せふりの紅茶」(下記事参照)として販売中です。

ふくおかさん家(ち)のお気に入り

 

市は、市内産の新鮮でおいしい農水産物を使った商品の開発に取り組む生産者を応援しています。開発された商品を「ふくおかさん家(産地)のお気に入り」として認定し、商品一覧や主な販売店などを市ホームページ(「ふくおかさん家のお気に入り」で検索)で紹介しています。

「せふりの紅茶」も入った「ふくおかさん家のお気に入りギフトボックス」(全3種類)がユニバーサルカフェ(市役所1階・電話・FAX 713-6066)で販売中です。

ふくおかさん家のお気に入りギフトボックスの写真

 

統計データで見る「福岡市の今」

さまざまな統計データから福岡市の今の姿を解き明かす、市ホームページ「Fukuoka Facts」。その中から、食文化に関する記事を紹介します。

Facts1
鶏肉の購入量が全国1位
福岡人は、もはや鶏なしでは生きていけないのかもしれない

焼き鳥以外にも、水炊き、がめ煮、かしわご飯と、確かに福岡市民は鶏肉を使った料理が大好き。鶏好きのDNAは、養鶏業が奨励されていた江戸時代までさかのぼるといわれています。

また、香椎宮(福岡市東区香椎四丁目)にある「鶏石(けいせき)神社」は、全国でも珍しい鶏を祭った神社で、絵馬やお守りは卵の形。この神社には、鶏に関連する企業等の皆さんが数多く参拝に訪れます。

がめ煮の写真 かしわご飯の写真

Facts2
ワインの購入量が全国1位
多文化を取り入れてしまうのは福岡人の性(さが)なのだ

 

福岡ボルドーワイン祭り2019春の写真

ワインの一大産地である仏ボルドー市は、福岡市の姉妹都市。福岡市では、年間を通じてワイン祭りなどのイベントが多数開催されています。

また、フレンチやイタリアンはもちろん、焼き鳥や水炊きなど地元の料理とワインを組み合わせて楽しんでいる人も多く、いいものはどんどん取り入れて自分たちの文化にしてしまう、まさにそんな昔からの気質が今に続いているといえるでしょう。

■「FukuokaFacts」に関する問い合わせ先/広報戦略課 電話 092-711-4878 FAX 092-732-1358

 

「Fukuoka(フクオカ) Facts(ファクツ)」は…
ホームページ http://facts.city.fukuoka.lg.jp/

食文化やライフスタイル、経済・産業、観光・歴史など「データでわかるイイトコ福岡」を紹介しています。

<Facts1> 鶏肉購入量のデータ

鶏肉購入量のデータの表
1位 52大都市中
1世帯当たり 20,054グラム/年(グラム)
1.福岡市 20,054
2.大分市 19,803
3.岡山市 19,795
4.宮崎市 19,755
5.山口市 19,607

<Facts2> ワイン購入量のデータ

 

ワイン購入量のデータの表

1位 52大都市中
1世帯当たり 6,509ml/年(ml)
1.福岡市 6,509
2.横浜市 5,772
3.川崎市 5,718
4.東京都区部 5,675
5.仙台市 5,061
※二人以上の世帯に関するデータ
※52大都市…47都道府県庁所在市、川崎市、相模原市、浜松市、堺市、北九州市(東京都は23区)

<出典>市ホームページ「Fukuoka Facts」
そのほかのデータは「Fukuoka Facts」で検索してね

 

焼き鳥王国・福岡

 

焼き鳥の写真
焼き鳥店で、席に着くと注文せずともキャベツがのった皿が出てくるのが福岡流。鶏肉だけでなく、豚バラや牛サガリ、巻き物、ウインナーなどメニューも豊富です。

 

100%福岡市内産ワイン

 

白、スパークリング、赤の 3種の写真
シャルドネやメルローなど、かなたけの里公園で栽培されたワイン用品種のみを使った「かなたけの里わいん」。毎年2019年11月のボージョレ・ヌーボーの解禁日と同じ日に、数量限定で発売されています。
問い合わせ かなたけの里公園(福岡市西区金武) 電話・FAX 811-5118

 

ボルドーワインを楽しもう

「オ・ボルドー・フクオカ」は、日本唯一のボルドーワイン委員会公認レストラン&ワインバーです。姉妹都市・仏ボルドー市との友好のために2016年5月にオープン。国内ではここでしか飲めない希少なワインと、フレンチ・和食の創作料理、そして那珂川を臨む眺望の良さが自慢です。

この秋から、より食事しやすい落ち着いた雰囲気にリニューアルしました。地下のワインセラーにはボルドーから直輸入のワインが2,500本。お気に入りの一本を見つけてください。

オ・ボルドー・フクオカの写真
【場所・問い合わせ】 オ・ボルドー・フクオカ(福岡市中央区西中洲)

電話 092-712-4470

【開館時間 】午前11時半~午後3時、午後5時~11時半

【休館日 】日曜日(または連休最終日)

 

2020年1月19日(日)実施
第7回「福岡検定」

「福岡検定」をきっかけに、福岡・博多についての知識を身に付けて、福岡を訪れる人をお迎えしませんか。
受験申込期間を2019年12月16日まで延長しています。受験を検討中の人はお急ぎください。詳しくは、「福岡検定」のホームページで確認を。

■問い合わせ先/「福岡検定」実行委員会 電話 092-711-4353 FAX 092-733-5901

 

ふくおかさん家(ち)のうまかもん

 

うまかもん認定店の表
市は、福岡市内で生産された農林水産物およびその加工品等を「ふくおかさん家のうまかもん」と名付け、PRを行っています。現在、市内の飲食店・小売店・直売所など552店舗(令和元年9月時点)を「うまかもん認定店」として登録し、店舗情報や代表メニュー・商品を市ホームページで紹介しています。

市内産の食材を取り扱う店舗で「ふくおかさん家のうまかもん」を買って、食べて、おいしい「福岡の食」をお楽しみください。

ふくおかさん家のうまかもん 検索

■「ふくおかさん家のうまかもん」「ふくおかさん家のお気に入り」に関する問い合わせ先/農業振興課 電話 092-711-4852 FAX 092-714-4033

福岡市内産の食材

茎の部分にカツオのような風味があることから名付けられたといわれる、博多の伝統野菜「かつお菜」。うま味が強く、栄養も豊富

市内有数の産地・福岡市西区元岡のトマトは火山礫(れき)に植える礫耕(れっこう)栽培が主流。低農薬で栽培でき、日持ちがいいのが特徴

「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」イチゴといえば、「博多あまおう」。最近は海外でも人気
この他にも、福岡市にはおいしい食材がいっぱい。市内産の「うまかもん」が「福岡の食」を支えています。

かつお菜の写真 トマトの写真 博 多あまおうの写真

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ