新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2020/01/01   福岡市南区

公民館で雑煮やえとの置物作り 新年を「手作り」で迎える 2020/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

公民館で雑煮やえとの置物作り
新年を「手作り」で迎える

弥永西校区 8品の正月料理の作り方を学ぶ

料理をしている写真
博多雑煮やおせち作りを地域の皆さんに体験してもらおうと、11月29日に、弥永西公民館で「おせち料理教室」が開催されました。

教室には20人が参加し、博多雑煮のほか、ホタテ入りのだし巻き卵など、手軽にできるおせち料理の作り方を学び、グループに分かれて計8品を完成させました。

同公民館館長の藤英和さん(70)は「最近は、正月料理を店で買う家庭も多く、手作りのものを食べる機会が減ってきているように感じます。参加者には今日のレシピを参考に、1、2品でも作ってもらえればと思います」と話しました。

参加した松嵜美樹さん(49)は「私は県外出身で、博多雑煮にブリやかつお菜が入ることは知っていましたが、作ったことはなかったので、今日は調理法を学べて良かったです」と笑顔でした。

西長住校区 小学生がネズミの焼き物作り

粘土で作業をしている写真

12020年1月30日に西長住公民館で、えとの置物を作る「陶芸教室」が行われました。これは、一年を通して小学生にさまざまな体験をしてもらうために、公民館が毎月行っている「ジュニアクラブ」の一環です。

当日は小学生49人が参加し、お手本を見ながら、陶芸用粘土で思い思いのネズミの形を作りました。作品は焼かれて、後日子どもたちに渡されます。

参加した小学生は「粘土でネズミの耳やしっぽを付けるのが難しかったけど面白かった。置物が出来上がるのが楽しみです」とうれしそうに話しました。

同公民館館長の姫野悟さん(69)は「めったにできない陶芸を体験してもらおうと、6年前から実施しています。自分で置物を作ることで、新年を迎える喜びを実感してもらいたいです」と思いを語りました。

【問い合わせ先】
南区企画振興課
電話 092-559-5017
FAX 092-562-3824

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市南区
ふくおか市政だより 南区版 発行:南区企画振興課 電話 092-559-5017 FAX 092-562-3824
Mail:kikaku.MWO@city.fukuoka.lg.jp
南区役所 〒815-8501 福岡市南区塩原3丁目25の1