特別展 市博物館 新収蔵品展 「ふくおかの歴史とくらし」

特別展
市博物館 新収蔵品展
「ふくおかの歴史とくらし」

【日時】 2020年1月11日(土)~2020年2月16日(日)午前9時半~午後5時半(入館は5時まで)

【場所・問い合わせ 】市博物館特別展示室A(早良区百道浜三丁目)

電話 092-845-5011

FAX 092-845-5019

【料金 】一般200円、高大生150円、中学生以下無料

※期間中は共通料金で常設展・企画展・特別展示室Bも観覧可。

【休館日】 月曜日

※2020年1月13日(月・祝)は開館、14日(火)は休館。

市博物館は、市民の皆さんからの寄贈・寄託に支えられ、これまで17万件以上の資料を収蔵してきました。物言わぬ資料に隠された情報を引き出し、末永く活用できるよう時間と手間をかけて整理し、受け入れから3年後に「新収蔵品展」でお披露目しています。

展示資料の例の写真
今回は、平成28年度に受け入れた1万5864件の新収蔵資料から、厳選したおよそ200件を展示します。古代から現代に至る人々の営みと記憶、そして「ふくおかの歴史とくらし」を、考古・歴史・美術・民俗の各担当者がご紹介します。

「あつめる」担当学芸員・佐々木の「ココが見どころ」

佐々木の写真
色とりどりのマッチ箱や、さまざまな種類の魚のお皿。会場では、「あつまったもの」ではなく、誰かが「あつめたもの」をご紹介します。博物館の資料も、知らないうちに「あつまってきたもの」ではなく、福岡をテーマに長年「あつめてきたもの」だと知ってもらえたらうれしいです。
新春公開!黒田家の七福神─不思議でおもしろい文物たち─特別展示室Bで同時開催

黒田家に伝来する、ちょっと不思 議で面白い、めでたきものの写真

日時・料金 新収蔵品展と共通

黒田家に伝来する、ちょっと不思議で面白い、めでたきものたちを一挙展示。作品の中に「隠されたもの」をぜひ見つけてください。レアな文物にもご注目を。

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html