新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2020/04/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

予防接種のお知らせ 2020/04/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

予防接種のお知らせ

接種の際は、事前に実施医療機関に予約をしてください。詳細は各区健康課=下記=へ。

子どもの定期予防接種

子どもの予防接種は、確実に免疫をつくるため適切な時期に受けることが大切です。特に就学後は忘れがちになります。かかりつけ医に相談しながら接種スケジュールを立て、対象年齢・期間内に接種しましょう=下記参照。
対象年齢・期間の人は無料で受けられます。母子健康手帳と予防接種手帳を持参してください。

■実施場所

福岡市が指定する実施医療機関。

■実施日

原則として月~金曜日(祝休日を除く)。
詳しくは、予防接種手帳もしくは福岡市ホームページ(「福岡市 子どもの予防接種」で検索)をご覧ください。実施医療機関は上記ホームページで確認するか問い合わせを。
福岡市は、子宮頸(けい)がん予防ワクチン(小学6年生~高校1年生相当が対象)の接種を積極的に勧めていません。接種する場合は、有効性とリスクを理解した上で受けてください。
詳しくは、福岡市ホームページ(「福岡市 子宮頸がん予防ワクチン」で検索)をご覧ください。

子どもの定期予防接種の表

予防接種の種類 対象年齢・期間 接種回数
B型肝炎 〈対象〉1歳未満 〈標準〉生後2~8カ月で3回接種し終える ※母親が、母子感染予防として1度でもB型肝炎ワクチン接種を含む治療を受けたことがある場合、その子どもは定期接種の対象となりません。 3回
ヒブ 〈対象〉生後2カ月~4歳 〈標準〉生後2~6カ月に接種を開始し、11カ月までに初回3回分を接種し終える。追加分は初回3回目接種後7カ月以上の間隔を空けて接種 初回3回・追加1回
小児用肺炎球菌 〈対象〉生後2カ月~4歳 〈標準〉生後2~6カ月に接種を開始し、23カ月までに初回3回分を接種し終える。追加分は初回3回目接種後60日以上の間隔を空けて、生後12~14カ月に接種 初回3回・追加1回
BCG(結核) 〈対象〉1歳未満 〈標準〉生後5~7カ月に接種 1回
4種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ) 〈対象〉生後3カ月~7歳5カ月 〈標準〉生後3~11カ月で初回3回分を接種し終える。追加分は初回3回目接種後12~18カ月の間に接種 初回3回・追加1回
2種混合(ジフテリア、破傷風) 〈対象〉11~12歳 〈標準〉11歳 1回
麻しん(はしか) 風しん 1期 生後12カ月~1歳11カ月 1回
麻しん(はしか) 風しん 2期 小学校入学前の1年間(2020年4月1日~翌年3月31日) 1回
水痘(水ぼうそう) 〈対象〉生後12カ月~2歳11カ月 〈標準〉1回目 : 生後12~14カ月 2回目 : 1回目の接種後6~12カ月の間に接種 2回
日本脳炎 1期 〈対象〉生後6カ月~7歳5カ月 〈標準〉初回3歳、追加4歳 初回2回・追加1回
日本脳炎 2期 〈対象〉9~12歳 〈標準〉9歳 1回
日本脳炎 特例措置 平成9年2020年4月2日~21年10月1日生まれの20歳未満で予防接種勧奨の差し控えにより接種機会を逃した人など ※20歳になると有料になります。 1~4回
【注意】標準は接種後に免疫ができる期間等を考慮したスケジュールです。ヒブと小児用肺炎球菌の予防接種は、標準のスケジュールで接種しない場合、接種回数が減ることがあります。

高齢者の肺炎球菌定期予防接種
予防接種により、肺炎球菌が原因で起こる肺炎等の感染症を防ぐことができます。感染してしまった場合でも重症化の防止に有効です。
次の対象者は、4,200円(通常の半額程度)で接種を受けることができます。
※対象者のうち、生活保護受給者や福岡市県民税非課税世帯の人などは接種料金を免除。
■対象者
福岡市内に住民票(外国人登録を含む)があり、次のいずれかに該当する人。<1>下記の期間に生まれた<2>60歳以上65歳未満で心臓、腎臓または呼吸器の機能や、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に障がい(身体障害者手帳1級相当)がある。
対象者には2020年5月下旬~2020年6月上旬にお知らせと予診票等を送付します。
※これまでに肺炎球菌の予防接種を受けたことがある人は対象になりません。
対象者<1>の生年月日
▽昭和30年2020年4月2日~昭和31年2020年4月1日
▽昭和25年2020年4月2日~昭和26年2020年4月1日
▽昭和20年2020年4月2日~昭和21年2020年4月1日
▽昭和15年2020年4月2日~昭和16年2020年4月1日
▽昭和10年2020年4月2日~昭和11年2020年4月1日
▽昭和5年2020年4月2日~昭和6年2020年4月1日
▽大正14年2020年4月2日~大正15年2020年4月1日
▽大正9年2020年4月2日~大正10年2020年4月1日
■接種期間・回数
2020年4月1日から来年3月31日までの間に1回。
■実施場所
福岡市が指定する実施医療機関。一覧表を対象者宛てのお知らせに同封します。
■実施日
原則として月~金曜日(祝休日を除く)。
接種の際は、送付した予診票と住所・氏名・年齢が確認できる運転免許証や健康保険被保険者証、介護保険被保険証などを持参してください。予診票を紛失した場合は医療機関で申し出てください。
接種後、まれに副反応が起こることがあります。接種に当たっては医師の説明をしっかりと聞きましょう。
詳しくは、福岡市ホームページ(「福岡市 高齢者肺炎球菌予防接種」で検索)で確認するか問い合わせを。
昭和37年2020年4月2日~54年2020年4月1日生まれの男性対象の風しん対策
上記の男性は、風しんの定期予防接種が義務付けられていなかったため、他の世代に比べ、風しんにかかりやすくなっています。対象者は、全国の実施医療機関で、風しんの抗体検査と予防接種を無料で受けることができます。
対象者のうち、昭和37年2020年4月2日~47年2020年4月1日生まれの人には、3月末に無料クーポン券を送付しています。昭和47年2020年4月2日~54年2020年4月1日生まれの人は昨年3月に送付したクーポン券の有効期限を延長しましたので、そのままお使いください。クーポン券を持っていない人は各区健康課に連絡を。
詳細は、福岡市ホームページ(「福岡市 風しん予防接種」で検索)で確認するか問い合わせを。
【問い合わせ先】各区健康課

各区健康課の表
区 電話 ファクス
東 645-1078 651-3844
博多 419-1091 441-0057
中央 761-7340 734-1690
南 559-5116 541-9914
城南 831-4261 822-5844
早良 851-6012 822-5733
西 895-7073 891-9894

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ