掲載号:2015/02/01   未分類

“働きたい”を応援します   2015/02/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

“働きたい”を応援します

─雇用・創業の促進

全国的に人口減少が進む中、福岡市は人口が増加し続け、企業の立地が進むとともに国家戦略特区(グローバル創業・雇用創出特区)に選定されるなど都市としての「活力」が高まっています。より「住みたいまち」「働きたいまち」となるために、さまざまな人の“働きたい”を応援する市の取り組みを紹介します。【2・3面に続きます】

 

活気づくスタートアップカフェ

スタートアップとは新しく会社をつくったり、会社の中で新しい事業を始めたりすることです。市は、スタートアップの裾野を広げるため、創業・起業に関するさまざまな情報を提供する「スタートアップカフェ」(中央区今泉一丁目TSUTAYA BOOK STORE TENJIN3階)を昨年10月に開設。創業を目指す人たちが集い、同カフェは活気に満ちています。カフェに常駐し、創業などの相談に応じるコンシェルジュ代表の藤見哲郎さん(37)に話を聞きました。

開設から4カ月、スタートアップカフェに寄せられた相談は約250件に上ります。医療分野や老犬介護の新事業、保育園や飲食店の開業、学習塾の独立相談など内容はさまざま。また二、三十歳代の若い人の相談が中心かと思っていましたが、シニア世代や主婦からの相談が多いことに驚きました。カフェが気安く利用されている証拠だと喜んでいます。

中小企業の成長支援業務等の実績があるコンシェルジュが、情報提供だけでなく、創業を希望する人と最もふさわしい支援者や企業等のあっせんなど一括した支援を行っています。

活気あふれる

イベント実施

カフェの活気を実感できるのはカフェを会場に実施している、さまざまなイベントです。毎月1度開催している日本政策金融公庫の夜間融資相談会の他、銀行主催の創業セミナー、行政書士による個別相談会、異業種交流会なども行っています。また、カフェに相談にやって来たソフトウエア開発者の呼び掛けがきっかけでITエンジニア向けの勉強会なども実施されました。

創業に関心がある人は気軽にカフェに来てほしいと思います。

また、創業を志す人をサポートする「スタートアップカフェクラブ」の会員も募集しています。ホームページ(「福岡市の起業・創業応援サイト」で検索)でカフェの様子や機能などを紹介しています。

【問い合わせ先】

スタートアップカフェ

電話080-3940-9455

FavoriteLoadingお気に入り追加

申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

福岡市LINE公式アカウント開始、友達追加で選んだ情報が届きます。

関連記事


年金事務所(所轄区) 電話 東福岡年金事務所(東) 092-651-7967 博多年金事務所(博多) 092-474-0145 中福岡年金事務所(中央) 092-751-1298 南福岡年金事務所(南) 092-552-6112 西福岡年金事務所(城南・早良・西) 092-883-6017 掲載号:2017/11/15   市政だより記事, 紙面お知らせ

11月は「ねんきん月間」 「ねんきん」のなぜ?に答えます   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー11月は「ねんきん月間」 「ねんきん」のなぜ?に答えます 予測できない将来に備え、社会全体で支え合う仕組みが「公的年金制度」です。   ―公的年金って必要なの?貯金していればよいのでは? 公的年金制度は、老後の生活資金を蓄えておく貯金ではなく一種の保険です。仮に85歳までの生活費を貯金していたとしても、それ以上長生きすれば足りなく … 続きを読む 11月は「ねんきん月間」 「ねんきん」のなぜ?に答えます


スタッフの池田祐介さん(30) 掲載号:2017/11/15   市政だより記事, 特集記事

地域の未来をみんなでつくる   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー地域の未来をみんなでつくる 市は、熱意ある企業や学生、NPOと地域をつなぐために、今年5月に「ふくおか共創プロジェクト」を始動させました。相談窓口「共創デスク」を市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」(中央区今泉一丁目)内に設け、新たな取り組みへの支援を行っています。 スタッフの池田祐介さん(30)に話を聞きました。 少子高齢化や空 … 続きを読む 地域の未来をみんなでつくる


掲載号:2017/11/15   南区

健康寿命を延ばそう シニアのためのわくわくスタジオ   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー健康寿命を延ばそう シニアのためのわくわくスタジオ 花畑校区は高齢者を対象に、介護予防を中心とした運動や脳トレなどを行う「シニアのためのわくわくスタジオ」(以下わくわくスタジオ)を開催しています。高齢者がいつまでも健康で暮らすための取り組みを紹介します。 地域の健康づくり 花畑校区は、高齢化率(人口に占める65歳以上の人口の割合)が約26% … 続きを読む 健康寿命を延ばそう シニアのためのわくわくスタジオ


掲載号:2017/11/15   東区

歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット  和白郷土資料室を訪ねて   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット 和白郷土資料室を訪ねて 「歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ)・会」 山田次男(66) 近年の和白地域は、人口増加や産業構造の変化で大きく変貌しました。和白郷土資料室は産業の歴史を次世代に残すため、平成6年に和白公民館武道場(和白三丁目)の2階に開設されました。 旧和白町は、上和白村、下和白 … 続きを読む 歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット  和白郷土資料室を訪ねて


小川全夫名誉教授 掲載号:2017/09/15   市政だより記事, 特集記事

人生100年時代に向けて 新しいまちづくりが進んでいます   2017/09/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー人生100年時代に向けて 新しいまちづくりが進んでいます   健寿社会を実現するためのアクション「福岡100」について、福岡市健康先進都市戦略策定会議の会長で九州大学の小川全夫名誉教授に話を聞きました。 住み慣れた地域で自分らしく、生きがいを持って健康に暮らせるまちを目指す取り組みが「福岡100」です。 第一は、ICT(情報通信技 … 続きを読む 人生100年時代に向けて 新しいまちづくりが進んでいます


県警シンボルマスコット・ふっけい君と 津留警部補 掲載号:2017/07/15   市政だより記事, 特集記事

8月は福岡市防犯強化月間 自らの安全は自らで守る   2017/07/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー8月は福岡市防犯強化月間 自らの安全は自らで守る   市は、市民の皆さんが防犯について考え、行動するきっかけにしてもらおうと、毎年8月を「福岡市防犯強化月間」と定めています。 ◇ 例年、夏場に性犯罪が増加します。性犯罪の現状について、福岡県警察本部生活安全総務課の津留雅子警部補(34)に話を伺いました。   福岡県の現状 … 続きを読む 8月は福岡市防犯強化月間 自らの安全は自らで守る


記事一覧

    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 毎日メディアサービス 
     フリーダイヤル 0120-752-211
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


    福岡市ホームページ