PM2.5 黄砂 光化学オキシダント にご用心

PM2.5 黄砂 光化学オキシダント にご用心

 

PM2.5に関する情報提供の対象者と行動の目安

◇呼吸器系などに疾患がある人◇

■基準  1日の平均値が1立方メートル当たり35マイクロ・グラム(環境基準)を超えると予測したとき

■行動の目安 ▽外出時のマスク着用▽帰宅時の洗眼・うがい▽空気の入れ替えを控える―など  ▽屋外での激しい運動を控える▽換気や窓の開閉は最小限に―など

◇全ての人◇

■基準 1日の平均値が1立方メートル当たり70マイクロ・グラム(国の指針)を超えると予測したとき

■行動の目安 ▽屋外での激しい運動を控える▽換気や窓の開閉は最小限に―など

 

春はPM2・5の濃度が高くなりやすく、黄砂の飛来も多い季節です。また、紫外線も強くなるため光化学オキシダントにも注意が必要です。

市は最新の測定データや予測情報を市ホームページや防災メールなどで提供していますので、健康管理に役立ててください。

 

◆PM2・5

PM2・5は、火山灰や黄砂、工場や車の排気ガスなどが発生源で、とても小さな粒子のため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系に加え循環器系への影響が心配されています。

PM2・5に関する予測情報は、防災メールなどを用い2段階=上表=で提供していますので、健康状態に合わせて行動の目安を参考にしてください。

PM2・5の予測情報や1時間ごとの測定値は、電話(PM2・5ダイヤル)でも聞くことができます。

 

◆黄 砂

黄砂は、中国内陸部の砂漠などで巻き上げられた砂が偏西風に乗って日本に飛んでくる現象です。黄砂の飛来時期は年によって異なりますが、主に3月~5月にかけて多く観測されます。

市は黄砂による健康や生活への影響を防止するため、黄砂の飛来予測についても市ホームページや防災メールなどで情報提供しています。

黄砂の飛来が予測されるときには、メールに記載された「行動のめやす」を参考にしてください。

 

◆光化学オキシダント

光化学オキシダントは、大気中の窒素化合物や揮発性有機化合物が紫外線で光化学反応を起こして発生します。

例年4月~9月の晴れた日に高濃度になりやすく注意が必要です。

注意報が発令された場合は防災メールや広報車などでお知らせします。

屋外での激しい運動は避け、できるだけ屋内で過ごしましょう。

目がチカチカする、のどに痛みを感じるときなどは洗眼やうがいをし、症状がひどいときには医師に相談しましょう。

 

【問い合わせ先】

環境保全課

電話092-733-5386

FAX092-733-5592

 

 

◆市PM2.5ダイヤルサービス

市では電話の自動応答による「PM2.5予測情報」と「1時間ごとの測定値」をお知らせしています。

電話050-3000-2500

上記番号に電話をかけると自動アナウンスが流れ、0番を選ぶと予測情報、1番から9番までの番号を選ぶと測定局(9カ所)の最新の時間値(1時間ごとに更新)を聞くことができます。

通話料は利用者負担です。

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html