公式 福岡 市政だより WEB版 NEWS

6月は食育月間です 家族でがめ煮を囲みませんか 福岡市政だより 掲載号:2020/06/01

がめ煮作りを通して家庭や地域で「食」への関心を高めてもらおうと、市は「#がめ煮つくろう」プロジェクトを進めています。

栄養も豊富で、お正月や年中行事に欠かせない「がめ煮」。
昔から福岡では、家族や地域の人々と食事を共にすることで、絆を深めてきました。

「創作がめ煮」レシピ

「がめ煮」という名の由来にはいくつかありますが、その一つが、鶏肉や野菜などいろいろな食材を使うため、博多の方言で「よせ集める」という意味の「がめくりこむ」から付いたという説です。

市は、自由な発想・豊かな想像力でさまざまな食材を「がめくりこんだ」創作がめ煮レシピを、市内の中学校などから募集しました。

応募総数は、1417作品。

どれも味や見た目はもちろんのこと、毎日の食事に取り入れられる手軽さも魅力です。
また、健康への気配りや家族への思いやり、食材を大切に使うという環境への配慮など、それぞれのレシピに込められた思いが伝わってきました。

最優秀賞を受賞した舞鶴中学校2年の門倉未奈さんは「学校で作ったがめ煮を祖父と父の好みに合わせてアレンジしたら、とても喜んでくれました。他のレシピも試しています。料理が好きなので、将来は栄養に関わる仕事がしたいです」と話します。

門倉さんの「イタリアンがめ煮」を含む三つの創作がめ煮レシピを下に紹介します。

みんなで一緒にがめ煮を作って、楽しく食卓を囲みましょう。

 

■問い合わせ先/健康増進課
電話 092-711-4374
FAX 092-733-5535

 

平成23年に和食が世界遺産「ユネスコ無形文化遺産」に登録され、日本の伝統的な家庭料理が、世界中から注目されました。

世代を越えて受け継がれる、その素朴な味わいと理想的な栄養バランスが評価されています。

中でも「がめ煮」は、郷土の食材を使って、「だし」や素材の「うまみ」を生かした、福岡が誇る郷土料理です。

 

最優秀賞
イタリアンがめ煮

門倉未奈さん(舞鶴中学校)

材料と分量(4人分)

牛肉 160g
ショウガ 4g
ゴボウ 80g
レンコン 80g
ニンジン 80g
サトイモ 80g
こんにゃく 80g
シイタケ 2個
キヌサヤ 16g

ごま油 小さじ1
酒 大さじ1と1/3
砂糖 大さじ1と1/3
みりん 大さじ1と1/3
しょうゆ 大さじ2
トマト缶 200g
粉チーズ 好みの量

 

《下処理》牛肉は一口大に切り、おろしショウガをもみ込む。
キヌサヤはへたと筋を取り、それ以外は一口大に切る。
こんにゃくは下ゆでし、根菜類も柔らかくなるまで下ゆでしておく。

 

<1>鍋にごま油を熱し、牛肉を炒める。

<2>焼き色が付いたらゴボウ、レンコン、ニンジン、サトイモ、こんにゃく、シイタケを加え、油が全体に行き渡るように炒める。

<3>ひたひたより少なめの水を加え、ふたをしてしばらく煮る。酒、砂糖、みりん、しょうゆ、キヌサヤを加えてさらに煮る。

<4>トマト缶を加えてひと煮立ちさせる。

<5>皿に盛り、粉チーズを振る。

 

 

優秀賞
野菜たっぷり作り置き肉みそあん

野口華れんさん(百道中学校)

材料と分量(4人分)

豚ひき肉 150g
タマネギ 1/2個
ニンジン 1本
シイタケ 中3枚
レンコン 中1個
ダイコン 15cm
ショウガ 1かけ
白ネギ 1/2本
インゲン 10本

酒 1/2カップ
みそ 1/2カップ
甜麺醤 1/2カップ
砂糖 1/2カップ
きな粉 大さじ3
すりごま 大さじ3
卵・・・4個、めんつゆ適量

 

《下処理》豚ひき肉は酒でほぐしておくとばらばらになりやすい。
タマネギ・ショウガはみじん切り、白ネギは小口切り、インゲンは筋を取り3cmに切る。
ニンジン、シイタケ、レンコン、ダイコンは少し大きめの角切りにしておく。

 

<1>豚ひき肉と酒を鍋に入れて炒める。

<2>肉の色が変わったら野菜を入れて水1カップを加え、10分ほど煮る。

<3>酒、みそ、甜麺醤(てんめんじゃん)、砂糖、きな粉、すりごまを加え弱火で練る。

<4>ゆで卵をめんつゆ(2倍濃縮大さじ2)に漬け、味玉を作る。

 

 

「#がめ煮つくろう」賞
がめにで いしゃいらず

脇園心実さん(平尾中学校)

材料と分量(4人分)

小豆 50g
鶏肉 100g
こんにゃく 1枚
ダイコン 100g
サトイモ 4個
ゴボウ 1/2本
ニンジン 1本
シメジ 50g

梅干し 4個
しょうゆ 大さじ2
薄口しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2
あごだし(粒) 大さじ1
水 100cc
サラダ油 大さじ1

 

《下処理》小豆は洗って水にさらしておく。
こんにゃくは手でちぎる。
ニンジン、ダイコン、サトイモ、ゴボウは全て乱切りに。
鶏肉は一口大に切る。

 

<1>圧力鍋にサラダ油を熱し、鶏肉を炒める。

<2>こんにゃく、ダイコン、ゴボウ、ニンジン、シメジを加えて炒める。

<3>鍋に調味料とあごだし、水、梅干しを加え、水気を切った小豆とサトイモを入れる。

<4>圧力鍋にふたをして、おもりが揺れるまで火にかける。

<5>おもりが揺れたら弱火にして1分待ち火を止める。15分置いたら完成。

 

その他の入賞レシピは、市ホームページ(「#がめ煮つくろう 入賞レシピ」で検索)に掲載しています。

紙面お知らせ | 市政だより記事 | | | | 掲載号:2020/06/01  
Exit mobile version

※新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

毎日更新:福岡市の近日中のイベントはこちら!

福岡市公式YOUTUBEチャンネルはこちら!

トップへ戻る