新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2020/08/01   福岡市東区

熱中症にご注意ください 2020/08/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

熱中症は、暑さや激しい運動などにより体温調節がうまくいかず、体内の水分や塩分のバランスが崩れて発症します。

正しい予防方法で暑さに備えましょう。

 

熱中症の主な症状一覧表

熱中症の主な症状
軽症
めまい、立ちくらみ、汗が止まらない、こむら返りなど
中等症
頭痛、吐き気、体がだるい、ぼーっとするなど
重症
意識がない、真っすぐ歩けない、けいれん、体が熱いなど

 

正しい予防法を知る

夏本番を迎えるこれからの季節は、熱中症に対して一層の注意が必要です。

小まめに水分・塩分を補給して、温度や湿度に気を配りましょう。

衣服などを工夫し、ゆったりした涼しい服装を心掛けてください。

 

高齢になると、暑さに対する感覚が鈍くなる傾向があり、気温上昇に気付きにくいことがあります。

また、乳幼児は短時間でも発症する恐れがあります。

高齢者や乳幼児には特に注意が必要です。

 

屋外だけでなく、屋内での発症も見られます。

めまい、立ちくらみ、頭痛、吐き気の症状が出たら体を冷やし、水分と塩分を取りましょう。

無理せず体を休ませ、回復しないときは医療機関で受診してください。

 

▽意識がない
▽真っすぐ歩けない
▽全身がけいれんしている

―等の場合には、ためらわずに救急車を呼びましょう。

 

 

救急車?病院?迷ったら#7119とかかれたイラスト

 

福岡県救急電話相談・医療機関案内「#7119」に電話をすると、24時間365日、救急車の利用や最寄りの医療機関についてアドバイスを受けることができます。

 

救急車のイラスト

 

 

マスク熱中症に注意

新型コロナウイルス感染症に伴い、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの「新しい生活様式」が求められています。

夏場の気温が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなります。

 

屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合には適宜マスクを外しましょう。

2メートル以上の十分な距離をとってマスクを外して給水などをしているイラスト

 

マスクを着用している場合には、強い負荷がかかる作業や激しい運動は避け、喉が渇いていなくても小まめに水分や塩分を取りましょう。

 

熱中症は、予防方法を知っていれば重症化を回避できます。

新しい生活様式を実践しつつ熱中症予防を心掛けましょう。

 

 

【問い合わせ先】
東消防署
電話 092-683-0119
FAX 092-683-1129

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1