新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2020/08/01   福岡市中央区

生き物や自然を学ぶ まもるーむ福岡 2020/08/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

「まもるーむ福岡」(地行浜二丁目)は、環境や保健衛生について体験しながら学べる学習施設です。

散策もできる地行浜の海岸から徒歩5分、「paypay(ペイペイ)ドーム」のそばにあります。

 

ナゾノ博士とまもるくんのイラスト

 

 

「生きている化石」と呼ばれるカブトガニや、絶滅危惧種に指定されている魚・ヒナモロコを飼育・展示するほか、「くうき」「みず」「いきもの」など、ジャンルごとに学べるコーナーもあります。

 

生きている化石「カブトガニ」の写真

 

また、さまざまなテーマでイベントが開催され、どれも無料で参加することができます。

事前に申し込みが必要です。

 

 

6月20日には「ヒトとお魚の違いを見つけよう~私の体の中にいる魚~」の講座が行われ、イルカやカバなどの模型とヒトの模型とを比較しながら、ヒトが魚類から進化したと考えられている証拠を探しました。

参加した子どもたちは積極的に手を挙げて質問し、「骨格を見比べてみて人と魚の関係がよく分かった」「改めて、生き物の進化の不思議や巧妙さに感心した」といった感想が聞かれました。

 

講座の様子写真

 

8月10日(月・祝)には「地行浜周辺の夏の植物たち~植物観察会~」が開催されます。

地行浜周辺を散策しながら、植物探しゲームをします。

生えている場所による葉や根の違いを観察し、植物が生きていくための仕組みを学びます。

 

8月のイベントは本紙12面に掲載している他にも実施されています。

市ホームページ(「まもるーむ福岡」で検索)でご確認ください。

 

「まもるーむ福岡」は生き物や自然環境について知り、それらを大切にしながら暮らしてもらえるよう、幅広い世代に向けた講座を準備しています。

昆虫や植物など、各分野の専門家から話を聴くことができます。

ぜひご参加ください。

 

 

【問い合わせ先】
保健環境学習室「まもるーむ福岡」
電話 092-831-0669
FAX 092-831-0670

【開館時間】午前10時から午後5時
【料金】無料
【休館日】毎週月・火曜(休日の場合はその翌平日)、年末年始(12月28日~1月4日)

 

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市中央区
ふくおか市政だより 中央区版 発行:中央区企画振興課 電話 092-718-1013 FAX 092-714-2141
Mail:kikaku.CWO@city.fukuoka.lg.jp
中央区役所 〒810-8622 福岡市中央区大名2丁目5-31