公式 福岡 市政だより WEB版 NEWS

10月は中央区子育て応援月間です 福岡市政だより 掲載号:2020/10/01

福岡市中央区は、妊娠期から子育て期まで、さまざまな子育て支援を行っています。

 

新型コロナウイルスの影響で外出を控える人もいる中、安心して子どもたちが遊べる場所や困ったときの相談窓口を紹介します。

 

 

●福岡市中央児童会館「あいくる」

今泉一丁目にある中央児童会館「あいくる」は、0歳からおおむね18歳までの子どもが自由に利用できる施設です。

 

館内には図書コーナー、談話ができる交流スペース、屋上広場などがあります。

また、「子育て支援プログラム」(要予約)は、保育士と一緒に親子遊びができます。

 

 

 

諸熊富美子館長は、

「小まめな換気や消毒を徹底しており、幅広い年齢の子どもが安心して利用できます」

と話しています。

 

 

【問い合わせ】
中央児童会館
電話 092-741-3551
FAX 092-741-3541

 

 

●福岡市中央区子どもプラザ「のびのび」
(要予約)

「あいくる」の5階には、乳幼児の家族が気軽に訪れ、自由に遊べる区子どもプラザ「のびのび」があります。

 

乳幼児の保護者を対象に「子育て相談会」も行っています。

 

 

 

●一時預かり
(有料・要予約)

生後6か月~就学前の乳幼児が対象です。

 

 

【問い合わせ】
福岡市中央区子どもプラザ・一時預かり
電話 092-741-3564
FAX 092-741-3510

 

 

●子育て交流サロン

「子育て交流サロン」は、区内の公民館など14か所(一部活動を休止しています)に開設された、乳幼児と家族が自由に過ごせる場所です。

 

 

 

赤坂公民館のサロン「ぴーか・ぶー」では、地域の子育てサポーターが見守る中、子どもたちが思い思いに遊んでいました。

 

「サロンに来ると親子共に仲間づくりができて、楽しい時間を過ごせます」とお母さんたちにも好評です。

 

 

サポーター代表の小嶺俊江さんは、

「開設時間の短縮や昼食を控えるなどの感染対策を徹底し、皆さんの来所を待っています」

と笑顔で話していました。

 

 

【問い合わせ】
福岡市中央区地域保健福祉課
電話 092-718-1111
FAX 092-734-1690

 

 

 

困ったときには相談を
<1>母子何でも相談

妊娠期や産後のお母さんの健康、赤ちゃんの発育などを助産師に毎月相談できます。

管理栄養士などへの個別相談や身体計測のみも可能です。

 

【日時】
2020年10月26日(月)
午後1時半~3時

 

【場所】
あいれふ5階診察室
(舞鶴二丁目)

 

【定員】
先着30組

 

【料金】
無料

 

【申し込み】
2020年10月1日(木)10時から電話で福岡市中央区健康課(電話 092-761-7338
FAX 734-1690)へ。

 

 

<2>こども家庭相談窓口

子育ての悩み、離婚やひとり親家庭の自立支援など、家庭に関するさまざまな相談に応じます。

 

 

 

感染症対策などで、例年とは異なる生活をする中、親も子も不安やストレスがたまりがちです。

 

悩みは一人で抱え込まず、早めに相談してください。

 

【開館時間】
午前9時~午後5時

 

【場所】
福岡市中央区役所2階子育て支援課
電話 092-718-1106
FAX 092-771-4955

 

 

<3>子育て支援コンシェルジュ

各家庭の就労状況や希望に応じた保育サービス(保育所・一時預かりなど)の情報提供を専門の相談員が行います(要予約)。

 

【開館時間】
午前10時~午後4時半

 

【場所】
福岡市中央区役所2階子育て支援課
電話 092-718-1101
FAX 092-771-4955

福岡市中央区 中央児童会館 | 無料 | 料金 | 有料 | 相談 | | 公民館 | 子ども | 健康 | 赤ちゃん | 電話で | 電話 | 新型コロナウイルス | 感染症 掲載号:2020/10/01  
Exit mobile version

※新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

毎日更新:福岡市の近日中のイベントはこちら!

福岡市公式YOUTUBEチャンネルはこちら!

トップへ戻る