公式 福岡 市政だより WEB版 NEWS

地域で広がるリサイクル 福岡市政だより 掲載号:2020/10/01

地域で取り組む環境活動

新型コロナウイルスの影響で、ネットショッピングの利用が増え家庭に段ボールがたまっていませんか。

 

家庭から出る古紙(段ボールや新聞、雑がみ等)は各地域に設置されている紙リサイクルステーション等で回収し、地域の人が管理しています。

 

環境活動で
コミュニケーション

南片江校区の紙リサイクルステーションの管理者・加留部政義さんは、平成17年の設置当初からリサイクルステーションの管理を続け、第10回福岡福岡市環境行動賞優秀賞を受賞しました。

 

 

リサイクルに関する分かりやすいチラシを作り地域に配布するなど率先して取り組んだ結果、地域全体に環境活動の意識が高まり、校区内のごみも減りました。

 

今では活動の時間が住民同士のコミュニケーションの場にもなっています。

 

 

加留部さんは

「地域の皆さんの協力あっての活動です。今後も人とのつながりを大切に活動していきたい」

と話していました。

 

資源物回収には、ステーション等での拠点回収と子ども会などが行う地域集団回収があり、場所によっては古紙のほかにも牛乳パックやリターナルびん、アルミ缶などを回収している所もあります。

 

設置場所や回収時間、回収している品目などの詳細は、福岡市城南区生活環境課で配布している校区ごとの「資源物早わかりマップ」や福岡市ホームページ(「福岡福岡市 資源回収」で検索)でご確認ください。

 

 

 

 

【問い合わせ】
福岡市城南区生活環境課
電話 092-833-4087
FAX 092-822-4095

福岡市城南区 | 子ども | 電話 | ごみ | 新型コロナウイルス 掲載号:2020/10/01  
Exit mobile version

※新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

毎日更新:福岡市の近日中のイベントはこちら!

福岡市公式YOUTUBEチャンネルはこちら!

トップへ戻る