イノシシに注意を

秋から冬にかけて、餌を求めて人里に出没するイノシシが増加します。

 

イノシシは本来、臆病な性質ですが、福岡市街地に迷い込んで興奮している場合もあります。

 

人の気配が少ない夕方から早朝にかけて活発に活動するため、外出の際は鈴などの音が鳴るものを身に付けたり、懐中電灯で照らしたりするなど、音や光で人の存在を知らせる工夫をしましょう。

 

 

 

注意を促すマーク画像イノシシに出合ったら

背を向けずにゆっくりと離れるか、安全な場所に身を隠し、イノシシが去るのを待ちましょう。

 

決して餌を与えたり、大声を出して威嚇したりしないでください。

また、イノシシの子の近くには親がいることが多いため、近づくのはやめましょう。

 

注意を促すマーク画像寄せ付けない環境づくりを

農地や家庭菜園は隙間ができないよう柵で囲い、未収穫野菜や生ごみなど餌となるものをなくしましょう。

 

草むらなどは、イノシシの隠れ場所になります。

定期的に草刈りや清掃を行いましょう。

 

 

 

■問い合わせ先
福岡市イノシシ等対策担当
電話 092-711-4839
FAX 092-714-4033

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html