動物園だより <第3回> ツシマヤマネコの保護・繁殖に取り組んでいます

エアメールの赤白青の模様イラスト

動物園だより <第3回> ツシマヤマネコの保護・繁殖に取り組んでいますタイトルイラスト

 

野生のツシマヤマネコは、長崎県の対馬(つしま)だけに生息する国の天然記念物です。

 

その数は推定100頭弱で、絶滅の危機に瀕(ひん)しています。

「種の保存」への取り組みは、動物園が担う重要な役割の一つです。

 

福岡市動物園では、保護したツシマヤマネコの飼育を1996年から開始し、2000年に初めて繁殖に成功しました。

 

現在までに55頭が生まれ、日本で一番の繁殖実績があります。

生まれた子ネコたちは、国内の動物園などに転出し、同園は、現在5頭を飼育しています。

 

警戒心が強いため、展示しているのはオスの「こう」のみです(冬~春の繁殖期は、非公開)。

 

昨年4月に生まれた「こう」と名付けられたツシマヤマネコの写真

 

10月8日の「ツシマヤマネコの日」にちなみ、毎年10月に啓発イベント「ヤマネコ祭」を開催しています。

 

2020年は、10月1日(木)~31日(土)にパネル展示を行うほか、10月3日(土)には飼育員による特別ガイドを行います。

 

 

お面作りの写真

 

 

詳細は福岡市ホームページ(「福岡市動物園」で検索)でご確認ください。

 

 

Fukuoka Zoo 福岡市動物園のロゴイラスト

【場所】
福岡市中央区南公園
電話 092-531-1968(総合案内所)
FAX092-531-1996

 

【開館時間】
午前9時~午後5時

※入園は閉園の30分前まで

 

【料金】
大人600円、高校生300円、中学生以下と福岡市内に住む65歳以上は無料

 

【休館日】月曜日(祝休日の場合は翌平日)

エアメールの赤白青の模様イラスト

 

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html