新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2020/10/15   福岡市東区

「新しい生活様式」実践中 照葉北校区自治協議会の取り組み 2020/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

2019年4月、アイランドシティに照葉北小学校が開校したことに伴い、照葉北校区自治協議会が誕生しました。

 

同校区の人口は約5千人で、今後も増加が見込まれています。

 

照葉北校区自治協議会の「新しい生活様式」への取り組みを紹介します。

 

取り組みの始まり

同校区内のある自治会の取り組みを参考に、2019年10月から自治協議会で情報共有ツール「LINE WORKS(ラインワークス)」を使い始めました。

 

オンラインで、メンバーの意見のやりとりやスケジュール調整を行ったり、自治協議会の規約や会議録、備品等の情報を共有したりしています。

 

ツールを活用した情報共有のイメージイラスト

 

 

2020年の春以降、新型コロナの感染対策が求められる状況となり、一気に取り組みが進みました。

 

 

会議等はオンラインで実施

共働きや子育て中の家庭でも自宅から会議に参加できる方法を検討し、3月以降パソコン等を使って会議ができるオンライン会議ツール「Zoom(ズーム)」を活用しています。

 

 

オンライン会議のイメージ画像

 

 

皆が一つの場所に集まらなくても会議ができるようになり、毎月の定例会や定期総会、公民館開設に関する会議など各種会議への出席者が増えました。

 

また、ラジオ体操をオンラインで行った自治会もあります。

 

オンラインでパソコンを見ながらラジオ体操をしているイラスト

 

 

情報発信はブログ中心に

「自治協だより」の発行に加え、2019年7月から、情報発信のためにブログを活用しています。

 

タブレット端末で照葉北校区自治協のブログを閲覧している写真

 

 

台風等による行事中止など急なお知らせの際には、タイムリーに情報発信できるブログが大変効果的です。

 

夏まつりやマラソン大会など校区内の行事の案内や住民が参加した様子、熱中症への注意喚起など、日常的な情報発信も行っています。

 

 

『動きながら考える』

同自治協議会の原田会長は、

「オンライン会議の導入には、当初消極的な意見もありましたが、『動きながら考えよう』と全員がまとまりました。パソコン操作などが苦手な人は、得意な人と一緒に操作したり、一つの場所に数人で集まってオンライン会議に参加したりする方法もあります。必要な会議は何とかやるという思いがあれば、おのずと方法は見つかるのではないでしょうか」

と話しています。

 

 

同自治協議会のブログ(「照葉北ブログ」で検索)は、パソコンやスマホ等で見ることができます。

 

 

 

問い合わせは、
福岡市東区地域支援課
(電話 092-645-1041
FAX 092-645-1042)へ。

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1