新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2020/10/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

空想のふくおか 【第3回】 竹下駅周辺に官庁街があった? 昭和24(1949)年の空想 2020/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

空想のふくおか 【第3回】 竹下駅周辺に官庁街があった? 昭和24(1949)年の空想のタイトルイラスト

 

この連載では、かつて構想された、さまざまな都市計画などを紹介していきます。

 

前回に引き続き、太田尾廣治著『大福岡市の構想に就(つ)いて』(昭和24年)から、「福岡市中心部構想図」を見てみましょう。

 

図には、東は名島川(多々良川)、南は竹下駅周辺、西は大濠公園までの区域が描かれています。

 

福岡市中心部構想図の写真

 

名島川の下流付近から鉄道路線に沿って、石堂川(御笠川)まで「博多運河」を造り、その周辺を重工業地帯としています。

運河はさらに那珂川沿いの中央市場と歓楽地帯まで延び、さらにその中上流の軽工業地帯へとつながっています。

石堂川と那珂川の下流域は商業地帯です。

これらの地区を運河によって直接つなぎ、海に面した都市の強みを引き出そうとしています。

 

運河に加え、鉄道網と幹線道路の整備によってさらに交通の利便性を図ります。

黒い色がこの時点で存在していた線路で、赤い色が計画線、×印は廃止予定の線路です。

 

博多駅は現在地に近い場所に移設され、港へまっすぐ伸びる幹線道路は現在の大博通りをイメージさせます。

「福岡駅」の南側には、飛行場の西側から那珂川沿いの竹下駅周辺まで、県庁を中心に大きな公園を有する官庁街をつくっています。

 

線路は港の隅々まで延びています。

港湾地域を横断する鉄道路線計画は、湾岸部に高架線を建設して、既設の国鉄筑肥線や貨物鉄道と接続させ環状線を形成するなど、壮大なものでした。

 

太田尾は巻末で、この計画が「一個人の単なる構想」として取り扱われることを希望しています。

しかし、港湾開発や博多駅の移転など、太田尾の構想はその後の福岡市の都市計画に少なからず影響を与えたようです。

 

 

福岡市博物館市史編さん室
鮓本高志

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ