ノロウイルスによる食中毒に注意

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、特に冬季に流行します。

 

このウイルスは手指や食品などを介して体内に入り、おう吐、下痢、腹痛、発熱などを引き起こします。

感染者の吐しゃ物、二枚貝には大量のウイルスが含まれていることがあり、わずかな量で感染します。

 

次のポイントを押さえて予防しましょう。

<1>人からの感染を防ぐ。

・隅々まで丁寧に手を洗う

・体調が悪い人は調理をしない

・吐しゃ物は、使い捨て手袋やマスクなどを着用して処理し、拭き取った場所を次亜塩素酸ナトリウムで消毒する

 

手を石鹸であらっているイラスト

 

<2>食品からの感染を防ぐ。

・カキなどの二枚貝は中心温度が85℃~90℃で90秒間以上になるよう加熱する

・調理器具は使用の都度十分に洗浄し、熱湯などで消毒する

 

 

 

【問い合わせ】
中央区衛生課
電話 092-761-7356
FAX 092-761-8280

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html