大楠校区 力を合わせ「まち」をきれいに

国籍を超えて地域交流

地域に住む外国人に地域活動へ参加してもらい、国際交流を行っている校区があります。

区内でも外国人が多く住んでいる大楠校南区の活動を紹介します。

 

 

9月13日に大楠校南区で「町内一斉清掃」が行われました。

 

大楠三丁目5区の清掃活動には、地域住民だけでなく「海外在住ネパール人協会日本支部九州」のメンバー10人も参加。

 

日本人と交流して文化やマナーを知りたいネパール人と、地域に住む外国人と良い関係を築きたい住民の考えが一致し、交流の第一歩として一緒に磐瀬(いわせ)公園の清掃を行いました。

 

清掃をしている写真。ネパールの皆さんはおそろい赤いTシャツを着て参加。

 

 

同協会支部会長のウプレティ・デブラジさん(29)は

「福岡にも在住ネパール人が増えてきました。地域の活動に積極的に参加してお互いに仲良くなることで、地域の人が外国人に対して感じる不安な気持ちをなくしていき、両者が安心して暮らせるまちにしたいです」

と笑顔でした。

 

 

大楠三丁目5区町内会長の十時映二さん(69)は

「年に2回この公園の清掃をしています。今回、初めてネパールの皆さんが参加してくれて感謝しています。国籍にかかわらず同じ地域住民として、お互いを知ることは大事なことだと思います。これからもネパールの皆さんと交流を重ねていき、みんなが住みやすいまちにしていきたいです」

と話しました。

 

 

南区は、居住外国人の地域活動への参加など、地域住民との交流のきっかけづくりを行っています。

詳しくは下記へ問い合わせください。

 

【問い合わせ先】
南区企画振興課
電話 092-559-5016
FAX 092-562-3824

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html