中央区花いっぱい運動

「一人一花運動功労者賞」を受賞

花や緑は、まちに彩りや潤いを与えるとともに、コロナ禍でも人に癒しを与える効果があります。

中央区内で花を育てる活動を25年間続けている「中央区花いっぱい運動」を紹介します。

 

一人一花運動のロゴマーク画像

 

一人一花運動

福岡市は、市民や企業、行政の一人一人が花や緑を育て、人のつながりや心を豊かにし、まちの魅力や価値を高める取り組み「一人一花運動」を、平成30年から推進しています。

10月27日に福岡市植物園で開かれた「一人一花サミット」の表彰式で、「中央中央区花いっぱい運動」は、一人一花運動事業功労者として、高島福岡市長から感謝状を受けました。

 

企業や住民が共働で長年植花活動を続けている功績が評価されたものです。

 

花の写真。フラワーポットは長い間活躍したもの

 

 

中央区花いっぱい運動

「中央区花いっぱい運動」は、中央区内の明治通り・大正通り・昭和通りを中心に、中央区の「中」の字になぞらえた「花の径づくり」活動を25年前に開始しました。

 

花いっぱい運動シンボルゾーンの地図

 

活動に参加するのは、3つの通りに隣接する企業や店舗約50社の社員や地域住民、小学生の皆さんなど総勢約200人。

 

参加者は、30社の企業から苗や肥料などの協賛を受けて、中央区域内にある約330カ所の花壇やフラワーポットに年3回、季節の花を植え、水やりなど日頃の管理を行っています。

 

区役所周辺で花の手入れをしている皆さんの写真

 

 

この取り組みにより、中央区役所前の花壇も美しく彩られています。

身近な地域を花いっぱいにするために、中央区内の公民館でも花植えを実施。

 

作業を通じて住民同士の交流が盛んになったという声も聞かれます。

 

 

同運動推進委員会の副会長で、発足当初から活動に関わる井上鴻一さん(78)は、

「花を植えることで、まちが元気で明るくなりました。12月10日に、冬の花を新型フラワーポットに植え替えますので、ぜひ見に来てください」

と笑顔で話します。

 

 

 

【問い合わせ】
中央区総務課
電話 092-718-1004
FAX 092-714-2141

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html