災害について学び備えよう

百道浜にある福岡市民防災センターは、火災や地震など、さまざまな災害の疑似体験ができる施設です。

 

「消火器コーナー」や「地震体験コーナー」などの各ブースを随時体験できるほか、さらに詳しく災害について学べる「体験コース」を実施しています。

 

福岡市消防局マスコットキャラクター・ファイ太くんの画像

 

 

「体験コース」では、

▽防災についての映像学習

▽火災発生時の煙からの避難体験

▽水消火器を使った消火体験

▽地震体験

 

-を行うことができます。

 

 

平日のみの開催で、前日までに一組10人以上での予約が必要予約です。

 

また、新型コロナウイルスの影響により同センターまで来られない人のために、動画による「オンライン来館」も公開しています。

 

視聴すると、同センターの各ブースで行っている体験を疑似体験することができます。

 

また、迫力ある映像とともに、現役の消防士が今すぐ実践できる防災対策や、実際に災害が起きたときに取るべき行動などを紹介しています。

 

福岡市ホームページ(「福岡市民防災センター」で検索)でご覧ください。

 

 

自宅の火災予防

これから寒くなってくると、空気が乾燥して火災が発生しやすくなります。

ちょっとした油断が火災を招きます。

たばこやこんろ、ストーブによる火災に気を付けましょう。

 

 

出火の原因として最も多いのが「放火」です。

▽家の周りに燃えやすい物を置かない

▽車庫や物置に鍵をかける

▽外灯をつけて家の周りを明るくする

 

-などして放火による火災も防ぎましょう。

 

 

 

住宅用火災警報器を設置していますか

就寝中の逃げ遅れなどを減らすために平成23年に全ての住宅において、設置が義務付けられました。

 

設置しても、きちんと維持管理がされていないと、いざという時に作動しない場合があります。

 

 

住宅用火災警報器の画像

 

警報器が正常に作動するか取扱説明書の通り定期的に点検し、10年を目安に新しい機器に交換しましょう。

 

※点検すると、正常の場合は音が鳴ります。

 

福岡市消防局マスコットキャラクター・ファイ太くんが火災警報器をもっている画像

 

 

【問い合わせ先】
福岡市民防災センター
電話 092-847-5990
FAX 092-847-5970

 

火災予防や警報器については、
早良消防署予防課

電話 092-821-0245
FAX 092-822-1561

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html