火災予防対策をしよう

冬は空気が乾燥するため、火災が起きやすくなります。

警告マークの画像

 

昨年、福岡市内で起きた火災で、最も多かった原因は「放火」です。

 

放火を防ぐために、日頃から身の回りで対策をしておきましょう。

 

 

放火予防のポイント

 

放火予防のポイントの図解画像

<1>車やバイクのカバーは防炎のものを使う

<2>自転車のかごや郵便ポストに燃えやすい物を置いたままにしない

<3>ごみは外に放置せず、収集日の決められた時間帯に出す

<4>できるだけ屋外を明るくし、建物の周囲に死角を作らない(センサーライト等を取り付ける)

<5>物置にも鍵を掛ける

 

 

 

2番目に多い原因は「たばこ」です。

灰皿には水を入れて使い、寝たばこは絶対にやめましょう。

 

 

3番目に多い火災の原因は「こんろ」です。

こんろを使用するときは、その場から離れないようにしましょう。

 

 

 

【問い合わせ先】
西消防署予防課
電話 092-806-0642
FAX 092-806-6462

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html