公式 福岡 市政だより WEB版 NEWS

心のバリアをなくして全ての人に優しい社会へ 福岡市政だより 掲載号:2020/12/01

2020年12月3日~9日は「障がい者週間」です。

 

福岡市は、障がいのある人もない人も、暮らしやすいまちを目指し、啓発活動を行っています。

 

 

 

■ 障がいへの理解は、障がいを知ることから

障がいといっても、さまざまです。

外見から障がいがあることが分かる人もいれば、全く分からない人もいます。

それぞれの特性を知り、障がいによって起こる生活の不便さや生きづらさに気づき、寄り添っていくことが大切です。

 

その時々の状況に応じて、

 

▽車いすの人が乗り物に乗る際に手助けする

▽点字ブロックをふさがない

▽手話や筆談を行う

▽ゆっくりと分かりやすい言葉で話す

▽優しく笑顔で声を掛けて様子を見る

 

─などを心掛けていきましょう。

 

 

 

■ 日常生活の妨げとなっているもの

▽階段しかない入り口など、利用しにくい設備や施設

▽電話しか受け付けない申し込み方法など、利用しにくい仕組み

▽口頭のみの説明など、障がい者の存在を意識していない慣習

▽偏見や差別、無関心

 

─などは、障がい者が日常生活を送る上で社会的障壁(バリア)となっています。

 

障がいのある人の自立と社会参加を推進していくためには、これらの社会的障壁を取り除くことが必要です。

また、私たち一人一人にも、さまざまな立場の人のことを思いやる「心のバリアフリー」が欠かせません。

心の中にある見えない壁を取り除き、互いに尊重し、支え合いながら暮らせるまちにしていきましょう。

 

毎年この期間に福岡市内の障がい者団体と一緒に行っている「障がい者週間記念の集い」は、新型コロナウイルスの影響により中止します。

 

 

■問い合わせ先/障がい者支援課
電話 092-711-4985
FAX 092-711-4818

紙面お知らせ | 市政だより記事 障がい | 電話 | 新型コロナウイルス 掲載号:2020/12/01  
Exit mobile version

※新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

毎日更新:福岡市の近日中のイベントはこちら!

福岡市公式YOUTUBEチャンネルはこちら!

トップへ戻る