公式 福岡 市政だより WEB版 NEWS

アートのミカタ 市美 その2 福岡市政だより 掲載号:2020/12/01

福岡市美術館が所蔵する約1万6千点のコレクションの中から、えりすぐりの逸品を紹介します。

 

個性豊かな学芸員が、それぞれの見方で解説します。

 

《クリシュナ物語図更紗壁掛》

木綿 196センチ×127センチ
インド 17~18世紀

 

絵画?
いえいえ実は…

緑濃い樹木の下にたたずむ4人の女性。

その周りを動物や鳥が取り囲んでいます。

濃い青色で表されているのは、水辺でしょうか。

 

まさに一幅の絵画のように見えますが、実はこれは筆で描いたものではなく、木綿の布を染めた、更紗(さらさ)と呼ばれる染め物です。

 

本作は、ヒンズー教の神・クリシュナの寺院を装飾するためにインドで制作されました。

 

クリシュナは、通常青い肌の青年として描かれ、ゴピと呼ばれる牛飼いの女性たちに慕われたことでも知られています。

 

クリシュナにまつわる図には、本作のようにゴピと牛がしばしば描かれます。

 

 

 

ところで、肝心の
クリシュナはどこに?

ヒントは、ゴピと牛の目線。

みんな向かって右の方向を見ています。

 

実は、この視線の先に、クリシュナの彫像が祭られていました。

本作は、クリシュナ像を飾る大きな壁掛けの一部でした。

 

愛と慈悲の神・クリシュナを取り巻くように描かれた生き物たちは、明るくのびやかで、生命力に満ちています。

 

 

 

 

 

■問い合わせ先/
福岡市美術館
(福岡市中央区大濠公園)
電話 092-714-6051
FAX 092-714-6071

紙面お知らせ | 市政だより記事 市美術館 | | 電話 | 公園 | 美術館 | 掲載号:2020/12/01  
Exit mobile version

※新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

毎日更新:福岡市の近日中のイベントはこちら!

福岡市公式YOUTUBEチャンネルはこちら!

トップへ戻る