新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。


掲載号:2020/12/15   福岡市東区

歴史 歩・歩・歩 さんぽ 細川幽斎(ほそかわゆうさい)の歌碑 2020/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

歴史 歩・歩・歩 さんぽとかかれた画像

 

ボランティアのおすすめスポット

「歩・歩・歩(さんぽ)・会」
池間 夏子(34)

 

多々良川河畔に

「いにしへは ここに鋳物師(いもじ)の 跡とめて 今もふみみる たたら潟かな」

と刻まれた細川幽斎の歌碑があります。

 

細川幽斎の歌碑の写真

 

細川幽斎は、安土桃山時代の武将・歌人で、本名は細川藤孝といいます。

 

明智光秀の盟友でしたが、光秀が本能寺の変を起こした天正10(1582)年に出家して幽斎と名乗り、彼とは距離を置きました。

 

天正15(1587)年、幽斎は九州に遠征した豊臣秀吉の陣中見舞いに訪れました。

その時の様子を記した紀行文『九州道の記』によると、この歌は、幽斎が香椎の浦から帰る途中、多々良浜を歩いた際に詠まれたもののようです。

 

「昔ここに住んでいたという鋳物師の跡を訪ねて、今もたたらを踏むように歩いてみる多々良浜だなぁ」という意味で、「鋳」に「居」を掛け、「ふみ」は「踏鞴(たたら)(金属の精錬に必要な空気を送る大型の送風機)を踏む」と「浜を踏み(歩く)」の掛詞(かけことば)になっています。

 

かつて多々良川河口付近は広大な干潟で、大陸から渡来した鋳物工が住み着き、川砂から採れた砂鉄で鋳物を造っていました。

 

幽斎が歌を詠んでから約400年たった現在、この地は「ふれ愛ロード」として整備され、多くの人が「今もふみみる」場所となっています。

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1