中村学園大学&UR都市機構 コロナ禍でつながる 地域交流

中村学園大学短期大学部キャリア開発学科の学生たちは、地域の活性化に貢献するため、UR都市機構の協力を得て、城南区内の団地住民と交流しています。

 

~消しゴムはんこでつながろう~

同大学とUR都市機構は、平成26年から住民との交流を始めました。

 

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で対面交流ができなかったため、学生たちが意見を出し合い、住民と会わずにつながる方法を考えました。

 

昨年までに4回開催し、住民からも好評だった「消しゴムはんこ講座」の経験を生かして、「年賀状大作戦2021」を行うことにしました。

 

学生が消しゴムはんこを作成して住民に配り、その消しゴムはんこを使って年賀状を書いてもらいます。

 

消しゴムハンコをつくっているイラスト

 

 

書き上げた年賀状は、団地の皆さんに見てもらえるよう集会所や団地内の掲示板に展示するという企画です。

 

受けっとった消しゴムはんこで書いた年賀状の写真

 

学生たちは、来年の干支である丑や羽子板、だるまなど思い思いのデザインを、彫刻刀やデザインナイフを使って消しゴムに丁寧に彫りました。

 

消しゴムハンコを作っている学生の写真

 

また、

「心を込めて作ったのでぜひ使ってください」
「直接会うことはできませんが、喜んでいただけるとうれしいです」

 

など手書きのメッセージカードを添えて、140セットを作り、区内の荒江・金山・宝台・堤の4団地に配りました。

 

ラッピングした消しゴムハンコを持っている学生の写真。思いを込めて作りました。

 

 

学生たちは

「相手が見えないからこそ、どうしたら喜んでもらえるかをみんなで考えました」

「消しゴムはんこを使って、家族みんなで年賀状作りを楽しんでほしいです」

「簡単なので、自宅でも消しゴムはんこ作りに挑戦してみてください」

と話しました。

 

 

消しゴムハンコのイラスト

 

 

消しゴムはんこを受け取った田中梨乃さんは

「今年は、参加していた消しゴムはんこ講座がなくて残念ですが、学生の皆さんが作ってくれてうれしいです。今日もらったはんこを、家で年賀状を書くときにも使いたいです」

と話しました。

 

 

 

【問い合わせ】
同短期大学部キャリアサポート室
電話・FAX 092-851-5101

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html