博多のまちへ出掛けよう

博多のまちには、歴史や伝統を感じられる建物などが点在しています。

 

その中から、新年の行事が行われるスポットを一部紹介します。

 

門松のイラスト

 

 

その他の観光スポットなどは「博多まち歩きマップ」で紹介しています(下記お知らせ参照)。

 

新年の行事がおこなれるスポットがかかれた地図

 

※お出掛けの際は、マスクの着用など感染症予防にご協力をお願いします。

 

<1>「博多町家」ふるさと館とかかれた画像

古き良き時代の博多町人の暮らしや文化を紹介しています。

 

展示棟・町家棟・みやげ処の3棟があり、博多織織元の住居兼工場を移築復元した町家棟は、福岡市の指定文化財です。

 

2021年1月1日(金・祝)~3日(日)

展示棟入館者(毎日先着100人)に縁起物を進呈します。

3日(日)午後1時からは、能の稽古に励む子どもたちが謡(うたい)と仕舞(しまい)を披露します。

能の稽古に励む子どもたちが謡(うたい)と仕舞(しまい)を披露している写真

 

 

2021年1月31日(日)
午前11時~

昔ながらの「博多のもちつき」を行います。

おはやしに合わせて餅をつき、消防団のまとい振りも披露します。

今年は感染症予防のため、来場者のもちつき参加や、つきたてもちの配布は中止。

代わりに展示棟入館者(先着100人)に紅白もちを配布します。

 

三人で餅つきをしている写真

 

【場所】
冷泉町6-10
電話 092-281-7761

 

【料金】
展示棟のみ200円
(中学生以下無料)

 

【開館時間】
午前10時~午後6時

 

【休館日】
第4月曜日、12021年2月28日~31日

 

 

 

<2>はかた伝統工芸館とかかれた画像

平成23年にオープンした同館では、博多人形や博多織など福岡を代表する伝統工芸品を展示・紹介しています。

 

※令和3年3月末には、埋蔵文化財発掘調査のため、福岡市博物館に一時移転します。

 

伝統工芸品の人形の写真

 

2021年1月1日(金・祝)~3日(日)

伝統工芸品の福袋や干支にちなんだ博多人形、博多張子などを販売します。

館内の珈琲喫茶「珈也(かや)」では、「はかた雑煮」を提供します(850円)。

 

 

2021年1月1日(金・祝)~12日(火)

博多人形や博多張子、マルティグラスといった、伝統工芸で制作した動物たちを展示する「動物の楽園」を開催します。

 

関連グッズの販売もあります。

 

はかた伝統工芸館の写真。蔵のような外観が特徴

 

【場所】
上川端町6-1
電話 092-409-5450

 

【料金】
無料

 

【開館時間】
午前10時(2021年1月1日~3日は午前8時)~午後6時

 

【休館日】
水曜日、12021年2月29日~31日

 

 

 

<3>櫛田神社とかかれた画像

2021年2月2日(火)~3日(水)

博多の総鎮守・櫛田神社では節分大祭を行います。

 

2日(火)は午後5時と6時から神楽の奉納、3日(水)は豆まき神事(午前10時~午後4時)や縁起物が当たる福引(午前10時~午後6時)などがあります。

 

2021年1月15日(金)~2021年2月11日(木・祝)には、巨大なお多福面を設置します。

 

入口にある巨大お多福面の写真。口の中を通るとご利益があるとされています。

【場所】
上川端町1-41
電話 092-291-2951
(午前10時~午後5時)

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html