福岡市政だよりWEB版はリニューアルし、新サイトへ移行します。
 令和3年4月1日号以降の記事を閲覧する場合は新サイトをご覧ください。
 なお、本サイトは令和3年5月末に福岡市政だより記事の公開を終了する予定です。

新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。


掲載号:2021/02/15   福岡市中央区

障がいがある人の「働く」を支援する 2021/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

障がい福祉サービス事業所では、障がいのある人が働くために必要予約な知識や技術を習得し、働く意識を高めてもらうために、さまざまな支援を行っています。

 

SMAPRE(スマプレ)PLUS(プラス)

生活介護事業所の「スマプレプラス」(福岡市中央区伊崎)は、障がいのある人たちに、食事などの支援や商品づくりなどの機会を提供し、生活に必要予約な力を向上してもらうための援助を行っています。

 

現在、18歳~20代前半の若者を中心に15人が活躍しており、さまざまな製品が製造されています。

商品は心を込めてつくっています

 

人気の高い「にんにく塩」や「ジンジャーシュガー」は材料の皮むきや薄切りなど多くの工程があり、全ての利用者が関わっています。

 

中でも「にんにく塩」は、福岡市が「ユニバーサル都福岡市・福岡」の実現に向けて取り組む「ときめきプロジェクト」の一環で、障がい者施設の商品の中から魅力的な物を表彰する「ときめきセレクション」でニューカマー賞を受賞。

 

代表取締役の長嶋麻子さん(51)は、

「商品をつくり販売することで、社会の一員として働く意識をもってもらえるように心掛けています」

と話しました。

 

LITALICO(リタリコ)ワークス天神

就労移行支援事業所の「リタリコワークス天神」(舞鶴一丁目)は一般企業への就職を目指す障がいのある人を対象に、就労に向けて生活リズムを整えながら、働くために必要予約なビジネスマナーなどを身に付けてもらうための支援を行っています。

 

独自のプログラムを使った訓練や、面接対策などを実施しています。

 

訓練以外にも事業所内で行われる行事の企画や広報誌の作成などに、利用者同士で協力しながら取り組んでいます。

訓練は商品の陳列を想定して行います

 

「リタリコ」とは、関わる人たちを幸せにすることが自分たちの幸せにもつながるという意味を込めた「利他利己」という造語です。

 

センター長の木下洋子さん(30)は

「働きたい自立したい、こうなりたいという想いを大切に、関係機関と連携しながら、安心して働ける環境や仕事を見つけられるようサポートしています」

と語ってくれました。

 

 

【問い合わせ先】
SMAPRE PLUS
電話 092-791-1299
FAX 092-791-1392

LITALICOワークス天神
電話 092-720-7530
FAX 092-720-7531

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市中央区
ふくおか市政だより 中央区版 発行:中央区企画振興課 電話 092-718-1013 FAX 092-714-2141
Mail:kikaku.CWO@city.fukuoka.lg.jp
中央区役所 〒810-8622 福岡市中央区大名2丁目5-31