2月は生活習慣病予防月間です

肥満症や糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病は、ほとんど自覚症状がないまま進行し、脳梗塞や心筋梗塞、慢性腎臓病などの命に関わる病気を引き起こすことがあります。

 

たとえ命は助かっても、長期療養や介護が必要予約な状態になることも少なくありません。

 

下記の点に気を付けて、生活習慣病を予防しましょう。

 

●生活習慣病を防ぐポイント

<1>年に1度は特定健診を受けて、健康状態のチェックを

<2>食べすぎや欠食を避け、1日3食バランスが取れた食生活を

<3>よくかんでゆっくり食べよう

<4>ウォーキングや筋トレ、ストレッチなどの適度な運動を

<5>たばこを控えよう
(たばこは血圧を上昇させ、有害物質によって血管が傷つきます)

<6>お酒は適量で
(適量とは、ビールなら500ml、焼酎なら半合弱といわれています)

 

●よかドック(特定健診)を受けましょう

生活習慣病の早期発見のため、特定健診を受診しましょう。

内容は、身体・血圧測定、尿・血液・心電図検査、問診などです。

 

【対象】
福岡市国民健康保険に加入している40~74歳の人

 

【持参】
国民健康保険証、よかドック受診券

 

【料金】
500円。
ただし本年度中に40歳または50歳になる人、70歳以上の人、市県民税非課税世帯の人(証明書が必要予約)は無料

 

【申し込み】
健診日の10営業日前までに予約が必要予約。

 

受診できる医療機関などの詳細は、福岡市ホームページ(「けんしんナビ」で検索)で確認するか問い合わせを。

 

「保健だより」の「健(検)診」欄もご覧ください。

 

【問い合わせ】
中央区健康課
電話 761-7340
FAX 734-1690

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html