住宅用火災警報器は10年たったら交換を

住宅用火災警報器は、煙や熱を感知して警報を鳴らします。

 

古くなると電子部分の寿命や電池切れで、火災を感知しなくなることがあるため注意が必要予約です。

 

福岡市では、平成21年に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

当時、設置された住宅用火災報知器は、交換の時期にきています。

 

この機会に設置年月日を確認し、10年を目安に新しい火災警報器へ交換をお勧めします。

 

 

●設置時期を調べるには

火災警報器の設置時に記入した「設置年月」もしくは、本体に記載されている「製造年」を確認してください。

 

●定期的に作動確認を行いましょう

作動確認用のボタンを押したり、ひもを引いて定期的に作動確認しましょう。

 

【作動確認方法】

正常な場合はメッセージまたは火災警報音が鳴ります。 注)警報音はメーカーや製品によって異なります。

 

 

【問い合わせ】
西消防署予防課
電話 092-806-0642
FAX 092-806-6462

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html