ふくおか市政だより 2014年5月1日号 2面5月のお出掛け情報 福岡市民の祭り

5月のお出掛け情報

福岡市民の祭り

博多どんたく港まつり

5月3日(祝日)・4日(祝日)に福岡市民の祭り「博多どんたく港まつり」が開催されます。呉服町から天神まで、明治通り約1.3キロの「どんたく広場」を、2万人以上のどんたく隊が練り歩きます。市内各所34の演舞台でもさまざまな催しが行われ、街中が「どんたく」に湧き返る2日間です。

第53回「博多どんたく港まつり」のテーマは『受け継ごう伝統 育もう未来~みんなで応援「軍師官兵衛」~』。参加するどんたく隊は、2日間でのべ約700団体、出場者約3万7千人、見物客200万人以上という、ゴールデンウイーク期間中、日本で最もにぎわう祭りです。

起源は博多松ばやし

どんたくはオランダ語で休日を意味する「ゾンターク」が語源といわれ、800年を超す歴史を持つ「博多松ばやし」が起源です。戦後、市民参加型の祭りへと発展しました。

博多松ばやしは福神・恵比須(えびす)・大黒の三福神と稚児が、県庁や市役所、博多警察署、神社仏閣など方々を回り祝賀する行事。三福神はそれぞれ面や衣装を付けて馬に乗り、子どもたちが「言い立て(祝言)」を歌います。

どんたく広場でパレードを楽しもう

5月3日(祝日)午後1時~7時と4日(祝日)午後3時~8時に、呉服町から天神までの「どんたく広場」を老若男女が思い思いの格好で、しゃもじをたたいたりパフォーマンスを披露したりしながらパレードします。

福島など国内やハワイ、タイ、マレーシアなど海外からもどんたく隊が多数参加し、各地の祭りや伝統芸能を披露します。4日午後6時半からのフィナーレを飾る「総おどり」は、飛び入り参加もできます。

黒田官兵衛どんたく隊

大河ドラマ「軍師官兵衛」を福岡で盛り上げようと官兵衛にゆかりのある姫路市(兵庫県)、長浜市(滋賀県)、瀬戸内市(岡山県)、中津市(大分県)からも参加。今年は黒田官兵衛、長政、黒田家家臣の精鋭たち「黒田二十四騎」を中心に総勢五十騎の武者行列が闊歩(かっぽ)します。福岡城軍師官兵衛ドラマ展のPR隊「ふくおか官兵衛ガールズ」や「福岡黒田武将隊」、地元の高校生、ふくおか官兵衛くんなど総勢200人の大どんたく隊です。

福岡マラソンどんたく隊

11月9日(日曜)に初開催する「福岡マラソン2014」のどんたく隊を結成します。市民ランナーと共に、『走る』をテーマに踊りながら大会をPRします。

花自動車

5月2日(金曜)から4日(祝日)までの3日間、「黒田官兵衛」や「アンパンマン」をテーマに花と電球で装飾した花自動車6台が、市内各所を回ります。

はかた駅前 どんたく ストリート

5月3日(祝日)午前10時~11時半と4日(祝日)午前10時~午後1時に、博多駅前通り約150メートルを巨大なステージに見立てた、どんたくストリートが登場します。

演舞台

市内の34カ所に演舞台が設置されます。市役所西側ふれあい広場の「どんたく本舞台」には、演歌歌手の山内恵介さん、橋本環奈さんが所属する地元アイドルグループ「Rev.from DVL」が登場します。

 

※博多どんたくホームページ=http://www.fukunet.or.jp/dontaku/

【問い合わせ先】

福岡市民の祭り振興会 電話092-441-1170 FAX092-441-8557

 

 

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html