動物園だより <第8回>名物・コツメカワウソの荒技

コツメカワウソは、かわいらしい顔つきやしぐさで、動物園や水族館の人気者です。

世界に13種類いるカワウソの仲間の中で一番小さく、名前の由来になった小さな爪が特徴です。

水かきがあり、泳ぎが得意です。

 

福岡市動物園では7頭を飼育しています。

リラ(雌)とふく太(雄)のペアはとても相性が良く、これまでに11頭の子どもが育ちました。

そのうちの5頭が現在もここで暮らしています。

 

リラが始めた、ロープをくわえて回る遊び「ダイナミックトルネード」は、福岡市動物園の名物です。

今では7頭全てがこの荒技を習得し、頻繁に披露しています。

コツメカワウソの写真

コツメカワウソは、その人気から乱獲され、野生下での生息数が減少し、現在商業目的での取引は原則として禁止されています。

 

福岡市動物園では、コツメカワウソの生態や保全活動について知ってもらおうと、カワウソ舎にパネルを展示しています。

 

Fukuoka Zoo 福岡市動物園

【場所】
中央区南公園
電話 092-531-1968(総合案内所)
FAX 092-531-1996

【開館時間】
午前9時~午後5時
※入園は閉園の30分前まで

【料金】
大人600円、
高校生300円、
中学生以下と福岡市内に住む65歳以上は無料

【休館日】
月曜日(祝休日の場合は翌平日)
※2021年3月29日は開園

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html