3月20日は「福岡市民防災の日」 地震発生時の注意点

平成17年3月20日は福岡県西方沖地震が発生した日です。

地震の記憶を風化させないために、福岡市はこの日を「福岡市民防災の日」と定めています。

 

屋内にいる時に地震が発生した場合に注意すべきポイントを紹介します。

 

自宅

●テーブル等の下に隠れる。

●可能であれば、コンロの火をすぐに消す。

●大きな揺れが収まったら、すぐに逃げ道を確保する。

 

スーパーなど

●商品の落下やガラスの破片に注意し、手荷物等で頭を保護する。

●慌てて出入口や非常口に殺到せず、店員の指示に従う。

 

エレベーター

●ボタンを全て押し、止まった階で外に出る。

●閉じ込められたら、非常ボタンやインターホンで連絡を取る。

 

地下街

●大きな柱や壁に身を寄せ、揺れが収まるのを待つ。

●およそ50m以内に出口が設置されているので、壁づたいに歩いて避難する。

 

また、2021年3月20日(土)から2021年3月31日(水)まで、「福岡市民防災の日」講演会をオンラインで配信します。

 

詳しくは、福岡市ホームページ(「福岡 防災の日講演会」で検索)をご確認ください。

 

【問い合わせ先】
南区総務課
電話 092-559-5063
FAX 092-561-2130

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html