福岡県西方沖地震から10年 市民総合防災訓練実施~災害に強いまちづくりを目指して~

福岡県西方沖地震から10年
市民総合防災訓練実施~災害に強いまちづくりを目指して~
市では、毎年大雨などの災害が増える時期の前に、地域住民と防災関係機関が一体となった市民総合防災訓練を実施しています。

■合同防災訓練

20150515-05-02
今年は福岡県警訓練場跡地(東区奈多)をメーン会場とし、5月31日(日曜)午前10時から県と合同で「福岡県・福岡市合同総合防災訓練」を実施します。合同訓練では、

▽消防・警察・自衛隊・医療機関が一体となった救出・救助訓練▽電気・ガス・水道等のライフライン復旧訓練

▽がれきや放置車両の撤去訓練▽警察や自衛隊の特殊車両やパネル展示、自衛隊などによる炊き出しの提供―などを行う予定です。

■水陸両用車による避難訓練

20150515-05-03
また、今年は「福岡県西方沖地震」発生から10年の節目を迎えるに当たり、孤立集落への救助・支援のための訓練も初めて実施します。
陸上自衛隊の水陸両用車等で移動する「孤立集落からの避難訓練」や九州電力の高圧発電機車を大型ヘリで空輸する「孤立集落に対する発電車両の輸送訓練」など、普段見ることのできない大規模な訓練を別会場で行います。この模様は、メーン会場のスクリーンに映し出されます。

■ツイッターを使った市民参加型訓練
災害発生時は、被害の全容把握に時間がかかることが予想されます。それを踏まえ、被災状況の迅速な情報収集・共有を目指し、訓練当日にツイッター(インターネットによる交流サイト)で市民の皆さんから災害情報を提供してもらう訓練を実施します。

※当日は携帯やスマートフォンで「ヤフー・防災速報」や「市・防災メール」を登録している全ての人へ(参加予定者以外にも)訓練用の通知が届きます。

メーン会場以外の各区でも、それぞれの地域に合わせた訓練を実施します。

20150515-05-04
各訓練会場とも見学は自由です。見学する場合は、現地職員の指示に従ってください。
当日は訓練で使用するヘリコプターなどの騒音が予想されます。近隣の皆さんのご協力、ご理解をお願いします。
【問い合わせ先】
防災・危機管理課

電話092-711-4056   FAX092-733-5861

訓練会場および訓練日時
以下は行政区、訓練会場、所在地、訓練日の順です。
東区  福岡県警訓練場跡地  東区奈多  5月31日(日曜)10時~12時20分
博多区  堅粕小学校  博多区博多駅東一丁目  6月2日(火曜)9時~12時
中央区  高宮小学校  中央区白金二丁目  5月17日(日曜)8時半~11時35分
南区  宮竹小学校  南区井尻一丁目  10月18日(日曜)9時~12時
城南区  田島小学校  城南区田島三丁目  6月2日(火曜)9時15分~11時50分
早良区  高取小学校  早良区昭代二丁目  6月2日(火曜)9時35分~11時55分
西区  下山門小学校  西区下山門四丁目  5月15日(金曜)9時50分~11時半

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html