20151015-03-04 掲載号:2015/10/15   お知らせ

市博物館・開館25周年記念特別展 新・奴国(なこく)展   2015/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市博物館・開館25周年記念特別展 新・奴国(なこく)展
10月17日(土曜)~12月13日(日曜)開催
■場所/市博物館(早良区百道浜三丁目)

■期間/10月17日(土曜)~12月13日(日曜)午前9時半~午後5時半 休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
▼費用 一般1200円(1000円)、高大生800円(600円)、中学生以下無料 ※かっこ内は前売り

2千年前の「テクノポリス」
今から2千年前、福岡市を中心とする一帯には、中国の歴史書「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」などにも登場する「奴国」と呼ばれる王国がありました。

20151015-03-04
これまで30数年にわたる地下鉄事業などの工事に伴って1000件以上の発掘調査が行われました。銅矛(ほこ)や銅鐸(たく)などの鋳型(いがた)も発掘され、当時の奴国の様子が明らかになってきました。奴国は、大陸や朝鮮半島の文化を吸収し、金属器生産技術などの最先端技術や文化を有する先進の地・テクノポリスだったのです。

奴国の名宝を中心に貴重な考古資料が集結

20151015-03-05
市博物館開館25周年記念特別展「新・奴国展」では、国宝・重要文化財約60点を含む考古資料約600点が一堂に集結。ふくおかの起源ともいえる奴国の実像と、日本の「創世記」に迫ります。
中でも注目は、明治32(1899)年に春日市の須玖(すぐ)岡本遺跡で出土した「草葉文鏡(そうようもんきょう)」と呼ばれる推定復元面径22.74センチの貴重な鏡です。発掘した機関がそれぞれ持ち帰り全国に散っていた破片を、今回の展示のために追跡調査。可能な限り当時の形を再現します。

開館25周年記念関連イベント《金印まつりinシーサイドももち》
開館25周年記念日のセレモニーとして、10月18日(日曜)午後2時から博物館前庭で「金印太鼓」の演奏や「夢の金印タイムカプセル」封印式などを行います。また、セレモニー終了後には来場者に記念品を配布します。
カプセルは25年後に開封します。一言メッセージをカプセルに入れたい人は問い合わせを。

《金印ユニバーサル博物館2~さわる奴国のおたから~》
11月3日(祝日)~12月13日(日曜)には、金印や青銅器などのレプリカを展示するコーナーを開設。奴国の「おたから」に触れてみてください。

この他にも、ワークショップやシンポジウムなど、さまざまなイベントを開催します。詳しくは情報プラザ(市役所1階)、各区役所などで配布しているチラシ、ホームページ(「福岡市博物館」で検索)をご覧ください。
【問い合わせ先】
市博物館

電話092-845-5011

FAX092-845-5019

奴国(なこく)と伊都国(いとこく)

20151015-03-08
奴国と伊都国は、今から約2千年前に現在の福岡市と糸島市を中心とする一帯にそれぞれ存在していた弥生時代の「王国」です。市博物館が所蔵する金印(東区志賀島出土)は、中国の漢帝国が奴国の王を認めた証しであり、奴国は弥生時代の日本列島を代表する大国であったと考えられています。
また、伊都国には平原遺跡や三雲南小路遺跡をはじめとする「王墓」が存在しており、その出土品は国宝に指定されています。

「新・奴国展」では、金印と内行花文鏡を同時に展示しています。

20151015-03-0620151015-03-07


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


掲載号:2018/12/15   情報ボックス, 催し

シンポジウム 都市・古都・市民~文化財を地域力へ~   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

催し シンポジウム 都市・古都・市民~文化財を地域力へ~ 市の文化財を地域の活力や魅力につなげていくための方策を考えます。市博物館館長の有馬学による基調講演やパネルディスカッション、市民グループの活動報告を実施。 【日時】2019年1月12日(土)  午後1時半~5時(開場は1時) 【場所】 市博物館1階(早良区百道浜三丁目) 【問い合わせ】 文化財活用課 電話 092-711-4982 FAX … 続きを読む シンポジウム 都市・古都・市民~文化財を地域力へ~


市博物館での実証実験の写真 掲載号:2018/12/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

キャッシュレス決済の実証実験を行っています   2018/12/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

キャッシュレス決済の実証実験を行っています 市は、2019年2月28日(木)まで、公共施設や店舗などでスマートフォン等を使って支払いができる「キャッシュレス決済」の実証実験を行っています。 キャッシュレス決済は現金を持ち歩く必要がなく、支払いもスピーディーに行うことができます。「LINE Pay(ラインペイ)」などがその一例です。 利用には、事前に決済サービスのアプリをスマートフォン等にインストー … 続きを読む キャッシュレス決済の実証実験を行っています


名探偵コナン 科学捜査展 ~真実への推理(アブダクション)~ 掲載号:2018/11/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

名探偵コナン 科学捜査展 ~真実への推理(アブダクション)~   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

名探偵コナン 科学捜査展 ~真実への推理(アブダクション)~ 【日時】 2018年11月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)午前9時半~午後5時半※入館は午後5時まで 【場所】 市博物館(早良区百道浜三丁目) 【料金】 一般1300円、高大生1000円、小中生600円 【休館日】 月曜日(祝休日の場合は翌平日)、12月28日~1月4日 「名探偵コナン」の世界観をベースにした、楽しみながら科 … 続きを読む 名探偵コナン 科学捜査展 ~真実への推理(アブダクション)~


掲載号:2018/11/15   講座・教室, 情報ボックス

市美術館  つきなみ講座「英語を介したアートの制作現場の醍醐味(だいごみ)」   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

講座・教室 市美術館 つきなみ講座「英語を介したアートの制作現場の醍醐味(だいごみ)」 【日時】 2018年11月17日(土) 午後3時~4時(受け付けは2時半から) 【場所】 市博物館(早良区百道浜三丁目) 【問い合わせ】市美術館学芸課 電話 092-714-6054 FAX 092-714-6145 【定員】 30人(先着) 【料金】 無料 【申し込み】 不要


明覚時地図 掲載号:2018/11/15   東区

歴史 歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ) ボランティアのおすすめスポット 上和白「龍華山(りゅうげざん) 明覚寺(みょうかくじ)」   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

歴史 歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ) ボランティアのおすすめスポット 上和白「龍華山(りゅうげざん)明覚寺(みょうかくじ)」 「歩・歩・歩(さんぽ)・会」 酒井 考司(79) 国道495号(旧3号線)和白交差点から東の方に進むと、かつて人々が神様に差し上げるお汐井(しおい)(塩)を取りに通った「おしおい路」と呼ばれる古道があり、その奥に立花(りゅうげ)といわれた集落(現和白東地区)が広がっています。 … 続きを読む 歴史 歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ) ボランティアのおすすめスポット 上和白「龍華山(りゅうげざん) 明覚寺(みょうかくじ)」


記事一覧


    福岡市東区
    ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
    Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
    東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1