掲載号:2015/11/01   お知らせ, 相談

11月は児童虐待防止推進月間 子育ての悩みは迷わず相談を   2015/11/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

11月は児童虐待防止推進月間

子育ての悩みは迷わず相談を

11月は「児童虐待防止推進月間」です。区は同月間に合わせて、職員がオレンジリボンを身に着ける他、11月6日(金)午後4時半から5時まで、JR吉塚駅で街頭キャンペーンを実施するなど、児童虐待防止を呼び掛けます。

 

■児童虐待とは

児童虐待は下表の4種類に分けられ、いずれも子どもの健全な成長や人格の形成に重大な影響を及ぼすと考えられています。

特に、乳幼児への身体的虐待やネグレクトは生命に関わる事態になってしまうこともあります。

平成26年度に市へ虐待に関する連絡・相談があった件数は1142件。そのうち虐待として対応したのは798件で、前年度と比較して約1割も増えています。

なお、市が虐待として対応した子どもの約9割は、その後も学校や警察などの支援や見守りを受けながら、在宅で生活をしています。

 

■子育てに悩んでいませんか

「自分の子育てに自信がない」「思い通りにならず、つい子どもに当たってしまう」など、子育てに関する悩みを誰にも相談できずに、一人で抱え込んでいませんか。

区保健福祉センター3階にある子育て支援課では、保育士や保健師など、専門的な知識・技能を持つ職員が、電話や窓口で子育ての相談を受け付けています。

「『ご飯を食べてくれない』『夜寝かせるにはどうしたら良いか』など日頃の悩みを、友達に話すように気軽に相談してほしいです」と話すのは、同課職員で保育士の寺地亜衣子さん(32)。「最近はインターネットや本などでいろいろな知識が得られますが、経験豊富なスタッフに相談して、自分に合った子育てについて一緒に考えてみませんか」と呼び掛けます。

20151101-博-16-02

■近所に心配なお子さんはいませんか

虐待相談の多くは、近所に住む人や知り合いからの連絡です。「虐待かもしれない」など、子どもの様子が心配だと思ったときには、相談窓口にご連絡ください。

虐待ではなかったとしても、子育てに悩んでいる保護者や子どもを救うきっかけになるかもしれません。連絡した人の秘密は守られます。

児童虐待は、子育て家庭だけの問題ではありません。子育て家庭が孤立しないよう、話し相手になったり、あいさつや声掛けをしたり、地域で温かく見守りましょう。

【問い合わせ先】区子育て支援課

電話092-419-1086

FAX092-441-1455

 

○児童虐待の種類と例

20151101-博-16-01

身体的虐待  たたく、蹴る、家の外に閉め出す

性的虐待  わいせつな行為をする・させる・見せる

ネグレクト  衣食住の世話をしない、長時間放っておく

心理的虐待  言葉で脅す、無視する、DV(家族への暴力)を見せる

 

 

《子ども相談窓口》

児童相談所全国共通ダイヤル

電話189(いち・はや・く)

※ガイダンスが流れ、近くの児童相談所(福岡市の場合は下記、市こども総合相談センター)につながります

 

■市こども総合相談センター(えがお館)

電話092-833-3000

FAX092-832-7830

24時間受け付け(年末年始を除く)

 

■区子育て支援課

電話092-419-1086

FAX092-441-1455

月~金曜日 午前9時~午後5時

関連記事


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131




福岡市ホームページ