市民の交流ページ ホッとふくおか

ふくおか市政だより 11月15日号 6面

 

市民の交流ページ ホッとふくおか

「ホッとふくおか」は、市民の皆さんに参加していただく交流ページです。

今回は市の施設を紹介します。

【応募方法】

このページで紹介する懐かしい写真や、ペットの写真、絵手紙などをコメントと共にお寄せください。作品は、住所、氏名、年齢、電話番号を書いた別の紙と共に市役所広報課(〒810-8620住所不要)へ、「ホッとふくおか投稿作品」と明記の上、封書で郵送してください。

 

私が紹介しますVol.31

福岡市文化交流公園

松風園

運営責任者 田伏敬忠(72)

20151115-06-013

 

松風園 利用案内

■場所/中央区平尾三丁目28

電話・FAX092-524-8264

▼ホームページ

http://shofuen.net

開館時間 午前9時~午後5時

休館日火曜日(祝休日の場合は翌日)、

12月29日~翌年1月1日

▼費用 大人100円、中学生以下50円

20151115-06-02

 

松風園(しょうふうえん)は、中央区平尾の静かな住宅地の中にある、茶室と日本庭園を有する公園です。かつて博多区中洲にあった市内初の百貨店「福岡玉屋」(平成11年閉店)を創業したことで知られる田中丸一族の邸宅跡地を市が整備。平成19年7月から市民の皆さんも利用できるようになりました。

面積2405平方メートルの庭園の中に、昭和20年代に建設された本格的茶室「松風庵」、あずまや、石灯籠などがあり、新しい和室も増築されました。シンボルであるイロハモミジを中心に、季節ごとにいろいろな景色が楽しめるこの庭園の美しさは、毎日見ていても飽きることがありません。最近は、近くの小学生や、外国からの観光客もよく来られます。

20151115-06-03

駐車場横にエレベーターを設置していますので、スムーズに移動できます。車いすで来園の際は、スタッフに気軽に声を掛けてください。抹茶のサービス(300円)も行っていますので、庭園を眺めながらゆったりとした時間を過ごしていただきたいですね。

野だて広場(1000円)や茶室(2400円~)など有料施設の利用には事前予約が必要です。電話で利用状況を確認の上、専用の申込用紙を持参または郵送・ファクスで松風園まで。

 

近くにある史跡 「平尾山荘」

松風園から歩いて5分ほどの山荘公園の一角にある平尾山荘(中央区平尾五丁目)は、幕末の郷土出身の歌人で、維新の先覚者の一人としても異彩を放った野村望東尼(ぼうとうに)が過ごした山荘です。

20151115-06-04

一時期、勤王の志士たちの隠れ家になったといわれ、元治元年(1864年)に長州藩の保守派に命を狙われた高杉晋作も、この山荘に潜伏したといわれています。

幕末の動乱期を見守った平尾山荘。身近にある史跡に、歴史への思いをはせてみてはいかがでしょうか。

【問い合わせ先】

文化財保護課

電話092-711-4666

FAX092-733-5537

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html