道路の安全を守っています 補修箇所を発見したらご連絡を

道路の安全を守っています

補修箇所を発見したらご連絡を

 道路の穴や側溝ふたの破損などを見つけたことはありませんか。その穴やふたの補修を行っているのが区土木第1課・土木第2課です。

 区内の道路の安全を守るため日々職員によるパトロールを行っています。昨年度、同課が行った道路などの補修は約4000件に上り、補修箇所の発見は皆さんからの情報提供も大きな力となっています。

 夏は、梅雨の大雨で地盤が緩んでいたり、暑さで舗装が柔らかくなっていたりして、陥没が特に発生しやすい時期です。

 同課は、「道路の傷みの中でも、特に陥没は大事故につながりかねません。小さな穴でも歩行者が気付かずにつまづいたり、自転車の車輪がはまって転倒したりすることがあります。道路の傷みを発見したときははすぐに連絡ください」と呼び掛けています。

 

お知らせください道路などの「傷み」

 区内の道路上で次のような箇所があったらお知らせください。

●道路に開いた穴

●側溝ふたの破損

●側溝やマンホールのふたのがたつきや段差

●ガードレール・カーブミラーの破損

●消えかかった区画線

●照明灯の故障(防犯灯除く)

 ■問い合わせ/区土木第1課                                 (電話092-895-7047 FAX092-882-2137)、            区土木第2課(西部出張所管内)                      (電話092-806-0411 FAX092-807-3080)

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html