掲載号:2016/10/01   市政だより記事, お知らせ, 催し(event イベント)

博多をぐるっと、秋めぐり。 博多秋博   2016/10/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

博多をぐるっと、秋めぐり。 博多秋博

博多のまちでは、地域の伝統や文化を伝える祭りや催しが受け継がれています。10月、11月に開催される、秋を彩るイベント「博多秋博」を紹介します。

長谷川法世さんに聞く「博多の祭り」

博多は商いのまちなので、人が集まるにぎやかなことがみんな大好きなんです。だから、もっとたくさんの人に来てもらおうと、昔から祭りがたくさんあるんですね。

自分たちが楽しめなければ楽しいお祭りにはなりません。結局、長く残るのは、それがおもしろいからなんです。「博多松囃子(まつばやし)」が発展して「どんたく」になったり、山笠が時代に応じて進化しながら続いていたり、昔からのお祭りが今につながっています。

博多は、実に奥が深いまちです。あなたがまだ知らない「博多」を探しに、「博多秋博」へお越しください。ぜひ一緒に楽しみましょう。

※描き下ろしの色紙を1名にプレゼントします。(詳細はプレゼントコーナー参照)

長谷川法世(はせがわ ほうせい)

長谷川法世(はせがわ ほうせい)

漫画家。昭和20年9月6日福岡市生まれ、県立福岡高校卒業。昭和43年漫画家としてデビューし、「博多っ子純情」でブレーク。平成15年から「博多町家」ふるさと館の館長に就任。

 

第22回 博多灯明ウォッチング2016

「博多灯明ウォッチング」は、博多の名所・旧跡や、太閤町割りの名残である細い路地、公園、商業施設などを灯明の明かりで照らす、一夜だけの情緒あるお祭りです。

紙袋の中にろうそくを入れるシンプ ルな灯明は、全て地域住民の手作り

冷泉・奈良屋・御供所・大浜の4小学校の統合を目前にして、「まちおこし」のため、また、博多のまちが一つになるために地域の人たちが協力し合って誕生させた祭りで、現在も地域の人たちによって運営されています。そして、これに賛同した企業が同時開催という形で参加し、毎年規模を拡大しています。

◆見どころ

博多駅前から博多ふ頭までの一帯を飾る灯明の数は、今年は4万個を超えます。

昨年、?田神社境内に描かれた 地上絵「風神」(上写真)。左は今 年の?田神社の地上絵テーマ・ 博多祇園山笠公式キャラク ター「博多祝めで鯛®」の雄伊 沙(おいさ)と貴緒衣(きおい)

メインの4会場で4千~5千個の灯明を使い、趣向を凝らし描かれる巨大な地上絵も見どころの一つ。博多小学校では、地震で被災した人たちへの応援の気持ちを込め、熊本城を描きます。

当日はベイサイドプレイス~東長寺間の無料シャトルバスを運行します。その他イベントの詳細は、ホームページ(「博多灯明ウォッチング」で検索)をご覧ください。

【日時】 10月22日(土)午後6時~9時

【場所】 櫛田神社、博多小学校、はまかぜ公園など大浜周辺、承天寺通りなど御供所周辺 ※ベイサイドプレイス博多、博多リバレイン、博多駅、東長寺でも同時開催(いずれも福岡市博多区)

【料金】 無料

■問い合わせ先/博多部まちづくり協議会

電話092-281-2245

FAX092-281-2260(冷泉公民館)

 

第11回 博多ライトアップウォーク2016 博多千年煌夜(こうや)

歴史を刻む寺や神社が立ち並ぶ博多のまち。その建物や庭園に照明を施し、昼間とは違う姿を浮かび上がらせるのが「博多ライトアップウォーク」です。博多の秋の風物詩として多くの皆さんに親しまれ、昨年は「日本夜景遺産」にも認定されました。

玄界灘を模した承天寺の石庭「洗濤庭(せんとうてい)」、市の文化財である東長寺の六角堂や妙楽寺の開山堂など、普段は立ち入ることのできない場所が解放されるのも魅力です。

博多織」

◆見どころ

今年は「博多織」の美しい色合いや繊細な柄などを、光の演出で表現します。

また、今年は新たに四つの寺社がライトアップされます。鎌倉時 代、現在の博多港に出現したといわれる人魚の塚がある龍宮寺では、青を基調にした照明で、まるで海の中にいるような幻想的な雰囲気を演出します。閻魔(え んま)様と観音様が並んで祭られる海元寺の地獄と極楽の対比をイメージした照明にもご期待ください。善導寺の広い境内には「竹あかり」を並べ、ゆっくり 座って堪能できる休憩所を設けます。また、葛城地蔵は入場券不要で、誰でも自由に見学できます。

さらに、今年も承天寺と櫛田神社の境内では夜市が行われ、 博多千年門(せんねんのもん)のライトアップも無料公開されます。

博多千年門

イベントの詳細は、ホームページ(「博多ライトアップウォーク」で検索)をご覧ください。

【日時】 11月23日(水・祝)~27日(日)午後5時半~9時

【場所】 櫛田神社、承天寺、東長寺、妙楽寺、円覚寺、本岳寺、妙典寺、正定寺、善導寺、海元寺、龍宮寺、葛城地蔵(いずれも福岡市博多区)

【料金】 前売り1000円、当日1300円(11月2日(木)から市観光案内所や主要コンビニエンスストア等で販売)

■問い合わせ先/博多ライトアップウォーク実行委員会事務局

電話080-2754-2631

FAX092-434-0053

 

博多秋博 イベント ピックアップ

各イベントの詳しい情報は、市観光案内所(博多駅・天神)、情報プラザ(市役所1階)、各区情報コーナーなどで配布する「博多秋博ガイド」(タブロイド版・8ページ)、またはホームページ(「博多秋博2016」で検索)でご確認ください。

  • 博多献上道中

博多献上道中

【日時】 10月22日(土) 人力車に乗った博多芸妓を先頭に、黒留袖に博多献上帯姿の女性たちが灯明で彩られた博多のまちを練り歩きます。

  • 博多灯りの道ナイトウォーキング

【日時】 10月22日(土)

JR博多駅を起点に、「博多灯明ウオッチング」の会場全てを歩いて巡ります。 ※当日午後5時~7時半にJR博多駅博多口で受け付け。

  • ビバ!博多 和太鼓フェスティバル in ベイサイドプレイス

【日時】 10月22日(土)

3年前まで東長寺で21年連続開催されていたフェスティバルが、今年ベイサイドプレイス博多で復活。

  • 博多おくんち

博多おくんち

【日時】 10月23日(日)、24日(月)

【場所】 櫛田神社 約1,200年前から伝わる、秋の豊作に感謝する祭り。牛車に引かれたみこしや稚児行列、パレードなども。

  • 中洲まつり

【日時】 10月27日(木)~29日(土)

中洲國廣神社を中心に、女みこし、はしご酒大会、大通りワゴン(飲食・物販)、おいらん道中、カラオケ大会、ステージ企画などを開催(27日ははしご酒大会のみ)。

  • 「希代のスーパースター~博多の音二郎~」

【日時】 11月3日(木・祝)~5日(土)

【場所】 承天寺 劇団「博多よかたい」による、川上音二郎の実話を基にした演劇を上演。

  • 川上音二郎忌

川上音二郎忌

【日時】 11月11日(金)

【場所】 承天寺 明治時代に「オッペケペー節」が大流行。西洋演劇を日本に紹介した川上音二郎を顕彰し、承天寺老大師による法要が営まれます。

  • 博多織求評会

博多織求評会

【日時】 11月11日(金)~13日(日)

【場所】 承天寺 好きな博多帯に投票をする、博多織新作の品評会。日本庭園の紅葉が楽しめ、境内では茶道南坊流による野だて(有料)のおもてなしも。

  • 「博多町家」ふるさと館のイベント

【場所】 福岡市博多区冷泉町6-10

電話092-281-7761

FAX092-281-7762

《筑前琵琶100歳のアイドル 中村旭園展》

【日時】 10月1日(土)~31日(月)

《入江千春の「あかり絵の世界」》

【日時】 11月1日(火)~30日(水)

  • はかた伝統工芸館のイベント

【場所】 福岡市博多区上川端町6-1

電話092-409-5450

FAX092-409-5460

《博多織伝統工芸士展》

【日時】 10月6日(木)~11日(火)

《新作博多人形展》

【日時】 10月13日(木)~25日(火)

《はかた伝統工芸館秋まつり「博多商店」Vol.3》

【日時】 11月12日(土)、13日(日)

《肥後の革工芸と民工芸品展》

【日時】 11月14日(月)~23日(水・祝)

《博多人形干支(えと)人形展》

【日時】 11月25日(金)~12月6日(火)

※両館共通イベント「着こなし美人コンテスト」を開催します。博多ライトアップウォーク開催期間中に着物を着て来館した人を撮影し、11月23日(水・祝)~12月4日(日)に写真を展示。投票を行い、上位入賞者には賞品を差し上げます。

その他、「手ぬぐいスタンプラリー」を11月30日(水)まで開催中。手拭い(500円)購入者には抽選でプレゼントが当たります。

 

プレゼント

長谷川法世さん直筆サイン色紙を1人に、「博多ライトアップウォーク」入場券をペア5組に差し上げます。はがきに住所、氏名、年齢、希望の品名と「あなたが最近幸せを感じたこと」を書いて、10月11日(消印有効)までに広報課(〒810-8620住所不要)へ。当選者には直接プレゼントをお送りします。

  • ガイドと行く まち歩き

博多情緒めぐり

博多を知り尽くしたガイドが、とっておきの話などを交えながら、歴史ある寺社や町並み、老舗の店等を案内します。

コースと日程

コース名 日時 【1】博多の寺社めぐり …古くから大陸との交流の拠点としての役割を果たしてきた博多の寺社を巡り、その歴史と文化をたどります。如水庵の菓子付き。 料金 600円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~ 【2】古地図片手に博多を歩こう…布袋様の小噺(こばなし)を聞きながら綱場町や寺町界隈へ。西門蒲鉾(かまぼこ)本店のお土産付き。 料金 800円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~ 【3】住吉ぶらり散歩…祇園町から旧博多駅周辺(呉服町)を巡り、茶人・立花実山創建の東林寺を訪ねます。楽水園の庭園を眺め、一休み。 料金 600円(抹茶代別) 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~ 【4】博多のうまかもんを知る…かろのうろん、明月堂、吉塚うなぎ、ふくや、ロイヤル跡、一蘭、石村萬盛堂など、博多の食文化をたどります。 料金 500円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~ 【5】あっ!と驚く福岡の発展…中洲周辺や赤煉瓦(れんが)文化館、旧福岡県公会堂迎賓館など、博多の近代文化への足跡をたどります。 料金 500円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~ 【堪能コース】博多の伝統工芸ここにあり…櫛田歴史館や博多鋏(はかたばさみ)の「高柳商店」、博多最古の喫茶店「ブラジレイロ」などを巡ります。 料金 1,500円(入館料、喫茶代込み) 10月28日(金)、11月4日(金)午後1時半~ 【特別コース】博多券番の舞と食事を楽しむ…料亭「三光園」の料理と博多芸妓(げいぎ)の唄と舞を満喫。博多芸妓と一緒に写真撮影も。 料金 13,000円(飲食代込み) 11月5日(土)、12日(土)正午~ 【1】~【5】と【堪能コース】…集合は櫛田神社。 定員 各コース10人程度 申し込み 10月5日(水)~11月7日(月)に電話で申込先へ。【特別コース】…集合は三光園(福岡市中央区清川一丁目)。 定員 先着90人(入金順) 申し込み 9月28日(水)~11月12日(土)に電話で申込先へ。

コース名 日時

《1》博多の寺社めぐり …古くから大陸との交流の拠点としての役割を果たしてきた博多の寺社を巡り、その歴史と文化をたどります。如水庵の菓子付き。

【料金】 600円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~

《2》古地図片手に博多を歩こう…布袋様の小噺(こばなし)を聞きながら綱場町や寺町界隈へ。西門蒲鉾(かまぼこ)本店のお土産付き。

【料金】 800円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~

《3》住吉ぶらり散歩…祇園町から旧博多駅周辺(呉服町)を巡り、茶人・立花実山創建の東林寺を訪ねます。楽水園の庭園を眺め、一休み。

【料金】 600円(抹茶代別) 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~

《4》博多のうまかもんを知る…かろのうろん、明月堂、吉塚うなぎ、ふくや、ロイヤル跡、一蘭、石村萬盛堂など、博多の食文化をたどります。

【料金】 500円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~

《5》あっ!と驚く福岡の発展…中洲周辺や赤煉瓦(れんが)文化館、旧福岡県公会堂迎賓館など、博多の近代文化への足跡をたどります。

【料金】 500円 第1期:10月26日(水)~30日(日)第2期:11月3日(木・祝)~7日(月)午前10時~、午後1時半~

《堪能コース》博多の伝統工芸ここにあり…櫛田歴史館や博多鋏(はかたばさみ)の「高柳商店」、博多最古の喫茶店「ブラジレイロ」などを巡ります。

【料金】 1,500円(入館料、喫茶代込み) 10月28日(金)、11月4日(金)午後1時半~

《特別コース》博多券番の舞と食事を楽しむ…料亭「三光園」の料理と博多芸妓(げいぎ)の唄と舞を満喫。博多芸妓と一緒に写真撮影も。

【料金】 13,000円(飲食代込み) 11月5日(土)、12日(土)正午~

 

《1》~《5》と《堪能コース》…集合は櫛田神社。

【定員 】 各コース10人程度

【申し込み】 10月5日(水)~11月7日(月)に電話で申込先へ。

 

《特別コース》…集合は三光園(福岡市中央区清川一丁目)。

【定員】 先着90人(入金順)

【申し込み】 9月28日(水)~11月12日(土)に電話で申込先へ。

 

※所要時間は各コース約2時間です。

■問い合わせ・申込先/市観光ボランティア協会

電話080-8397-9256

FAX092-733-5055

博多ガイドの会 コースと日程

博多ガイドの会

コース名 日時 『ザ・博多』時空を超えた不思議な街へ!…歴史ある町並みや寺社、昭和初期の風情が残る旧駅前旅館などを巡ります。人気のパン屋「ぺったん」のお土産付き。 料金 800円 10月6日(木)、14日(金)、19日(水)、11月9日(水)、12日(土)午後1時半~3時半 おいしい 秋 まち歩き<1>音しゃん(川上音二郎)の博多…川上音二郎ゆかりの地を巡ります。郷土料理のランチと博多銘菓付き。 料金 2,000円 10月15日(土)、17日(月)、18日(火)午前11時半~午後2時 おいしい 秋 まち歩き<2>禅寺と住吉神社の能楽殿および相撲部屋をめぐり、こだわりの酒屋で旨(うま)酒の飲み比べ…博多駅を出発し、住吉神社などのパワースポットを巡り、住吉酒販で日本酒を飲み比べ。 料金 2,000円 11月16日(水)~18日(金)午後1時半~3時半

コース名 日時

『ザ・博多』時空を超えた不思議な街へ!…歴史ある町並みや寺社、昭和初期の風情が残る旧駅前旅館などを巡ります。人気のパン屋「ぺったん」のお土産付き。

【料金】 800円 10月6日(木)、14日(金)、19日(水)、11月9日(水)、12日(土)午後1時半~3時半

おいしい 秋 まち歩き①音しゃん(川上音二郎)の博多…川上音二郎ゆかりの地を巡ります。郷土料理のランチと博多銘菓付き。

【料金】 2,000円 10月15日(土)、17日(月)、18日(火)午前11時半~午後2時

おいしい 秋 まち歩き②禅寺と住吉神社の能楽殿および相撲部屋をめぐり、こだわりの酒屋で旨(うま)酒の飲み比べ…博多駅を出発し、住吉神社などのパワースポットを巡り、住吉酒販で日本酒を飲み比べ。

【料金】 2,000円 11月16日(水)~18日(金)午後1時半~3時半

【申し込み】 電話かファクス、メールで博多ガイドの会事務局へ。

※おいしい 秋 まち歩き①②は10月3日(月)午前9時以降受け付け。

■問い合わせ・申込先/博多ガイドの会事務局(福岡市博多区企画振興課)

電話092-419-1012

FAX092-434-0053

メールアドレスt-shinko.HAWO@city.fukuoka.lg.jp

 

「博多まち歩きマップ」

「博多まち歩きマップ」

まち歩きのお薦めコースや見どころなどを紹介しています。10月1日(土)から市観光案内所(博多駅・天神)、情報プラザ(市役所1階)、各区情報コーナーなどで配布。ホームページ(「博多まち歩きマップ」で検索)からもダウンロードできます。

■問い合わせ先/博多まちづくり推進協議会

電話092-474-7243

FAX092-474-2497

関連記事

掲載号:2019/04/15  
紙面お知らせ, 市政だより記事

ゴールデンウイークの市役所等の業務  


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ