野田勝也 掲載号:2016/12/15   お知らせ, 市政だより記事

特集 国際交流・国際貢献 ヤンゴン市と姉妹都市に   2016/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー

キッズクリエイティブ研究所
広告バナー

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー

特集 国際交流・国際貢献 ヤンゴン市と姉妹都市に

福岡市は水道整備の支援をきっかけにヤンゴン市と交流を重ね、12月7日にミャンマー連邦共和国ヤンゴン市と姉妹都市を締結しました。

渇水や浸水被害等の経験から市は水資源開発や雨水整備計画に取り組み、さまざまな都市の問題を克服してきました。これらの技術はアジア諸国から注目されています。

◆ヤンゴン市との関わり

2012(平成24)年にJICA(国際協力機構)専門家として市職員をヤンゴン市に派遣し、水道分野の技術協力を開始したことから、交流が始まりました。2014年に「まちづくり協力・支援に関する覚書」を締結し、交流を促進。昨年5月には、ヤンゴン市で実施する上水整備準備調査のODA(政府開発援助)事業を官民連携で受注しました。

市の姉妹(友好)都市締結は2007年の釜山広域市(韓国)以来で、8都市目です。文化・芸術分野での市民交流や民間を含めた人的な交流が活発化するほか、水道事業など地場企業のODA受注や現地への進出の促進等が期待できます。

今後、市職員の派遣と、ヤンゴン市職員の研修受け入れを行い、ヤンゴン市の浸水被害克服に向けて排水計画を策定するための技術指導を実施します。

来年ヤンゴン市に「まちづくり協力支援アドバイザー」として赴任する市職員の野田勝也さん(46)に話を聞きました。

野田勝也

長い間の経済制裁が解かれ、発展の途上にあるミャンマーは、世界中から企業が進出し、活気にあふれています。これまでに何度かヤンゴン市を訪問しましたが、そのたびに変化を感じ取れるほど発展し、日本企業もどんどん進出中です。

ミャンマーでは5~9月の雨期に集中的に雨が降ります。ヤンゴン市の排水設備は古く、計画的な整備がなされていないため、頻繁に市街地が浸水しています。また、発展が加速するヤンゴン市では、ごみの処理がこれからますます大きな課題となりそうです。都市問題を克服してきた福岡市のノウハウを生かし、ヤンゴン市の素晴らしい歴史、自然環境を守りながら、両市の架け橋として精一杯務めてきます。

排水設備

ミャンマー

ミャンマー

ミャンマーは、130以上の民族が住む多民族国家です。英国から独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦でした。人口は5,142万人(2014年)、首都はネピドーです。ヤンゴン国際空港へは、成田国際空港(千葉県)からの直行便やバンコク、シンガポールなどアジア主要都市を経由した便が就航しています。

ヤンゴン市

1989年にラングーンから改称されたヤンゴン市の人口は521万人(2014年)、面積は1036平方kmで福岡市の約3倍です。2006年まで首都であったヤンゴン市は、国内最大の都市で、経済の中心地です。

黄金の仏塔(パゴダ)が輝く仏教寺院では、ヤンゴン市民が熱心に祈りを捧げています。天然物の真珠、宝石、竹・籐(とう)製品、雑貨などミャンマー中から良い品が集まる「ボージョーアウンサンマーケット」やヤンゴン市の庁舎など英国統治時代の建築物も見どころです。

ボージョーアウンサンマーケット英国統治時代の建築物

ヤンゴンからの研修生

ポーン・テッ・ナインさん(32)とティッ・ルィンさん(31)

ヤンゴン市の給水衛生局職員のポーン・テッ・ナインさん(32)とティッ・ルィンさん(31)は、水道局と道路下水道局で5カ月間の水道技術等の研修を終えました。

「ヤンゴン市は、経済発展に伴う人口の増加に水道の整備が追い付いていない状況です。水道普及率は4割ほどで、機材の故障や断水も発生し、計画的な漏水防止対策や施設整備ができていません。漏水率が2.3%と世界トップレベルの福岡市で学んだ水道供給の技術を用いて、ヤンゴン市民に安定して水を供給できるよう取り組みます。福岡では、那珂川を船で下りながらビルが並ぶ街を見たことが印象に残っています。タイ料理と中華料理を合わせたようなミャンマーの料理は、日本人の好みにも合うと思います。福岡の皆さんも遊びに来てください」と二人は話してくれました。

 

姉妹(友好)都市

姉妹(友好)都市

市は、オークランド市(米国)、広州市(中国)、ボルドー市(フランス)、オークランド市(ニュージーランド)、イポー市(マレーシア)、釜山広域市(韓国)、アトランタ市(米国)と姉妹都市を締結し、さまざまな交流事業を行っています。2面の記事に関する問い合わせは国際交流課(電話092-711-4023 FAX092-733-5597)へ。

FavoriteLoadingお気に入り追加
LINE福岡市公式アカウント
広告バナー

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー

キッズクリエイティブ研究所
広告バナー

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

福岡市LINE公式アカウント開始、友達追加で選んだ情報が届きます。

関連記事


年金事務所(所轄区) 電話 東福岡年金事務所(東) 092-651-7967 博多年金事務所(博多) 092-474-0145 中福岡年金事務所(中央) 092-751-1298 南福岡年金事務所(南) 092-552-6112 西福岡年金事務所(城南・早良・西) 092-883-6017 掲載号:2017/11/15   市政だより記事, 紙面お知らせ

11月は「ねんきん月間」 「ねんきん」のなぜ?に答えます   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー11月は「ねんきん月間」 「ねんきん」のなぜ?に答えます 予測できない将来に備え、社会全体で支え合う仕組みが「公的年金制度」です。   ―公的年金って必要なの?貯金していればよいのでは? 公的年金制度は、老後の生活資金を蓄えておく貯金ではなく一種の保険です。仮に85歳までの生活費を貯金していたとしても、それ以上長生きすれば足りなく … 続きを読む 11月は「ねんきん月間」 「ねんきん」のなぜ?に答えます


スタッフの池田祐介さん(30) 掲載号:2017/11/15   市政だより記事, 特集記事

地域の未来をみんなでつくる   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー地域の未来をみんなでつくる 市は、熱意ある企業や学生、NPOと地域をつなぐために、今年5月に「ふくおか共創プロジェクト」を始動させました。相談窓口「共創デスク」を市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」(中央区今泉一丁目)内に設け、新たな取り組みへの支援を行っています。 スタッフの池田祐介さん(30)に話を聞きました。 少子高齢化や空 … 続きを読む 地域の未来をみんなでつくる


掲載号:2017/11/15   南区

健康寿命を延ばそう シニアのためのわくわくスタジオ   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー健康寿命を延ばそう シニアのためのわくわくスタジオ 花畑校区は高齢者を対象に、介護予防を中心とした運動や脳トレなどを行う「シニアのためのわくわくスタジオ」(以下わくわくスタジオ)を開催しています。高齢者がいつまでも健康で暮らすための取り組みを紹介します。 地域の健康づくり 花畑校区は、高齢化率(人口に占める65歳以上の人口の割合)が約26% … 続きを読む 健康寿命を延ばそう シニアのためのわくわくスタジオ


掲載号:2017/11/15   東区

歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット  和白郷土資料室を訪ねて   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット 和白郷土資料室を訪ねて 「歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ)・会」 山田次男(66) 近年の和白地域は、人口増加や産業構造の変化で大きく変貌しました。和白郷土資料室は産業の歴史を次世代に残すため、平成6年に和白公民館武道場(和白三丁目)の2階に開設されました。 旧和白町は、上和白村、下和白 … 続きを読む 歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット  和白郷土資料室を訪ねて


小川全夫名誉教授 掲載号:2017/09/15   市政だより記事, 特集記事

人生100年時代に向けて 新しいまちづくりが進んでいます   2017/09/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー 広告バナー人生100年時代に向けて 新しいまちづくりが進んでいます   健寿社会を実現するためのアクション「福岡100」について、福岡市健康先進都市戦略策定会議の会長で九州大学の小川全夫名誉教授に話を聞きました。 住み慣れた地域で自分らしく、生きがいを持って健康に暮らせるまちを目指す取り組みが「福岡100」です。 第一は、ICT(情報通信技 … 続きを読む 人生100年時代に向けて 新しいまちづくりが進んでいます


記事一覧

    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 毎日メディアサービス 
     フリーダイヤル 0120-752-211
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


    福岡市ホームページ