①現地で問題個所を再確認②みんなで意見交換③解決策をまとめます
掲載号:2017/02/15   早良区

入部・脇山校区 安全・安心なまちを目指して 地域と区 共創によるまちづくり   2017/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー


LINE福岡市公式アカウント
広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー

 

次郎丸の里
広告バナー

入部・脇山校区 安全・安心なまちを目指して 地域と区 共創によるまちづくり

「安全・安心まちづくり事業」は、交通事故や犯罪のないまちを目指し、地域と区の共創により取り組む事業です。

◆地域主体のまちづくり

同事業では、地域の皆さんがワークショップに参加し、事故の多い交差点や夜に人通りがなく暗い場所など校区内の問題箇所を出し合い、自らまちを歩いて現地を確認します。その後、問題箇所の解決策について話し合い、安全対策などをまとめた「まちづくり基本計画」を策定。地域と区、警察などで役割を分担し、行政は道路整備など、地域は防犯パトロール活動の強化を図るなど、安全対策に取り組みます。また、危険箇所を記した「安全・安心マップ」を作成し、地域の皆さんの情報共有のため校区全世帯に配りました。

毎年度2校区で行われ、入部・脇山校区では昨年度に策定した計画をもとに、今年度、早良区が交差点のカラー化やカーブミラーの設置などを行なっています。

①現地で問題個所を再確認②みんなで意見交換③解決策をまとめます

 

入部 整備もマナーも両方で安全・安心

入部校区は国道の交通量が多い一方、住宅地などの路地に入ると、道が狭く人通りが少ないため、速度抑制の路面標示や防犯灯設置などの安全対策をしています。

入部校区交通安全推進委員の江里了会長(70)は「道路整備が進んだことで安全面は向上しました。今後も、地域の皆さん一丸となって、まちの安全・安心を考え、モラルやマナーを高めていきたいと思います」と語りました。

脇山 子どもを守りたい

「脇山校区は信号が少なく、スピードを出す車が多く通行します。その横を児童や生徒が通り、大変気掛かりでした」と話すのは、脇山校区自治協議会の重松重興会長(72)です。子どもたちを守るため、横断歩道のカラー化や路面標示の整備を重点的に実施。地域による登下校時の見守りも強化しました。

重松会長は「事業を通して、普段接点の少ない人と一緒に地域を考える機会ができました。今後のまちづくりにもつなげます」と話しました。

道路整備の例(横断歩道のカラー化)

【問い合わせ先】早良区総務課

電話092-833-4304

FAX092-846-2864

FavoriteLoadingお気に入り追加

ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー

 

次郎丸の里
広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー


LINE福岡市公式アカウント
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。


    福岡市早良区
    ふくおか市政だより 早良区版 発行:早良区企画課 電話 092-833-4307 FAX 092-846-2864
    Mail:kikaku.SWO@city.fukuoka.lg.jp
    早良区役所 〒814-8501 福岡市早良区百道2丁目1-1