掲載号:2017/02/15   市政だより記事

生活に困ったときは…市生活自立支援センターへ   2017/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

生活に困ったときは…市生活自立支援センターへ

市は生活に困っている人の経済的な自立を支援するための相談窓口、「福岡市生活自立支援センター」を設置しています。センターでは、支援員が相談者に寄り添い一緒に解決の道を探します。まずはセンターへお電話ください。

具体的な事例

相談内容

仕事を辞めたことで収入が途絶え、家賃の支払いが厳しくなってきた。手持ち金も少なくなり、どうしたらいいか分からない。

センターによる支援

支援員が話を聞き、相談者と一緒に一つずつ課題を整理していきました。まず、センターで就職活動を支えるための家賃相当額の給付金(住居確保給付金)の申請を行い、支給が決まりました。また離職後、国民健康保険の手続きができていないことが分かったため、支援員が区役所に同行し、必要な手続きを行いました。住居を失う恐れがなくなり、滞っていた手続きを済ませることができたので、相談者は安心し気持ちも前向きになりました。その後、センターの支援の下、就職活動に励み、無事に就職。生活を再建することができました。

※給付金の支給には要件があります。詳細は問い合わせを。

市生活自立支援センター:

フリーダイヤル0120-17-3456

【場所】 福岡市中央区天神一丁目4-2エルガーラオフィス7階

【開館時間】 平日午前9時~午後5時

記事に関する問い合わせは、生活自立支援課(電話092-711-4553 FAX092-711-4232)ヘ。

 

関連記事

臨海3Rステーション (リサイクルプラザ)   掲載号:2019/06/15  

【申 込 み】<1><5><8><9>電話かファクス、来所で、2019年7月2日以降に臨海3Rステーションへ。<2><3><4><6><7>往復はがきかファクス、来所で、2019年7月<2>1日<3><4>8日<6>11日<7>14日(いずれも必着)までに臨海3Rステーションへ。<3><4><6>はホームページでも受け付けます。
【場 所】臨海3Rステーション (リサイクルプラザ)東区箱崎ふ頭四丁目13-42
【費 用】<1><3><5><8><9>無料(<1><9>は部品代別)<2><6><7>500円<4>200円 

福岡市早良区
ふくおか市政だより 早良区版 発行:早良区企画課 電話 092-833-4307 FAX 092-846-2864
Mail:kikaku.SWO@city.fukuoka.lg.jp
早良区役所 〒814-8501 福岡市早良区百道2丁目1-1