安部龍太郎(61) 掲載号:2017/03/01   市政だより記事

市文化賞・市民文化活動功労賞・市文学賞 受賞者決定(敬称略)   2017/03/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市文化賞・市民文化活動功労賞・市文学賞 受賞者決定(敬称略)

文化賞

市文化賞は、芸術を中心とした本市の文化の向上発展に貢献し、特にその功績が顕著な個人・団体に贈られます。受賞した皆さんは、次の通りです。

文学 安部龍太郎(61) 東京都

安部龍太郎(61)

公務員として勤務しながら執筆活動を開始し、昭和63年「師直の恋」で作家デビュー。平成2年、「血の日本史」で注目され、25年に「等伯」で直木賞を受賞しました。福岡文化連盟が企画する舞台公演にもアドバイザー・原作者として参加。文学を軸とした幅広い活動を通し、市の文化芸術の向上発展に貢献しました。

邦楽 渡辺鈴士(66) 南区

邦楽 渡辺鈴士(66)

尺八鈴慕会宗家・青木鈴慕(人間国宝)に師事し、昭和53年のリサイタルを機に尺八専門家に。福岡はもとより、国際的な舞台でも活躍しました。また、NHK「邦楽のひととき」に毎年出演。九州の能楽師や演奏家等で構成する舞台芸能集団「∞(むげん)座」の立ち上げに参画するなど、邦楽分野の向上発展に大きな役割を果たしました。

邦楽 河原久子(78) 南区

河原久子(78)

生田流筝曲(そうきょく)宮城社大師範として筝曲鶯絃会(おうげんかい)を主宰し、地域での演奏会やワークショップを開催するなどさまざまな活動を行っています。また、長年にわたり小・中学校で筝の授業を開催するなど、筝曲の普及・振興に大きな役割を果たし、その地道な活動が高く評価されました。

落語 立川生志(53) 横浜市

 立川生志(53)

7代目立川談志に入門し、平成20年に立川流では初めて九州出身の真打ちに昇進しました。定期的に市内で独演会を開催する他、博多座で平成22年に初の落語会を開催。24年以降は毎年12月に博多座で兄弟子の志の輔との「兄弟会」を開催するなど、福岡の落語界を盛り上げ活躍を続けています。

市民文化活動功労賞

平成6年に市が制定した同賞は、市民文化を育てる活動を通じ潤いのあるまちづくりに貢献し、特にその功績が顕著な個人・団体に贈られます。

地域に根差した文化活動 石風社 福岡市中央区

石風社

昭和56年に福岡市で創業した出版社。独自の視点で全国区でも通用する著者やテーマを発掘し、地域に密着した出版活動を通して福岡の出版文化の振興に貢献しました。また、アフガニスタンで医療活動や灌漑(かんがい)事業等に取り組む「ペシャワール会」に参加し、中村哲医師の著作を出版。長年、同団体の活動支援にも力を注いでいます。

福岡市茶道文化連盟 福岡市博多区

<strong><noscript><img class=

市内の茶道各流派の相互親睦と茶道文化の普及のため、昭和41年に活動開始。現在は9流派〈表千家、裏千家、南坊流、宗偏(そうへん)流、大日本茶道学会、遠州流、武者小路千家、古儀茶道藪内(やぶのうち)流、表千家不白流〉が参加する「福岡市民大茶会」の開催をはじめ、市内各所での呈茶活動を行っています。茶道による地域文化の振興に貢献しました。

川上玉清(86) 福岡市博多区

川上玉清(86) 

市内の華道の各流・会派が一堂に会する市華道展の実行委員長やいけばな小原流の理事を歴任。特に市華道展の開催に当たり、異なる流・会派をまとめる中心的な役割を果たし、市民が華道に触れる機会をつくるなど市華道界に貢献しました。

 

第47回 文学賞

平成28年度、市文学賞の受賞者が決まりました。市文学賞は、市および福岡都市圏の作家を対象として昭和45年に創設。作家の片山恭一氏、故・杉本章子氏、故・夏樹静子氏も同賞の受賞者です。

今年度は、小説・詩・短歌・俳句・川柳の5部門から5人が選ばれました。

受賞者の作品を収録した「記念作品集」を、4月中旬から市総合図書館および各分館で貸し出します。市赤煉瓦(あかれんが)文化館、情報プラザ(市役所1階)等で閲覧も可能です。

受賞した皆さんを紹介します。

小説

中山智幸(41)福岡市早良区

井上瑞貴(61)宇美町

短歌

三輪良子(68)福岡市西区

俳句

宮崎すみ(89)福岡市東区

川柳

植村克志(77)太宰府市

詳細は、市ホームページ(「第47回福岡市文学賞」で検索)に掲載しています。

■問い合わせ先/文化振興課

電話092-711-4665

FAX092-733-5537

 

関連記事

博多座「市民半額観劇会」   掲載号:2019/04/15  

【申 込 み】 はがき(〒810-8799福岡中央郵便局留「市民半額会」)に代表者の応募事項と希望日時(1公演のみ)、参加人数(2人まで)を書いて2019年4月24日(消印有効)までに市民半額会事務局へ。当選者のみ通知(2019年4月26日ごろ発送)
【場 所】博多座(博多区下川端町) 
【費 用】A席9,000円(事務手数料・振込手数料別)
【期 間】2019年6月2日(日)、3日(月)、6日(木)、7日(金)、11日(火)、12日(水)午後4時半から(2日、6日は午前11時からの回もあり)

博多座「市民半額観劇会」   掲載号:2019/03/15  

【申 込 み】はがき(〒810-8799福岡中央郵便局留「市民半額会」)に代表者の応募事項と希望日時(1公演のみ)、参加人数(2人まで)を書いて2019年3月23日(消印有効)までに市民半額会事務局へ。当選者のみ通知(3月27日ごろ発送)
【場 所】博多座(博多区下川端町) 
【費 用】A席7,000円(事務手数料・振込手数料別) 
【期 間】2019年 5月5日(日・祝)午前11時、6日(月・休)午前11時、12日(日)午後4時、14日(火)午前11時、19日(日)午後4時から 

博多座「市民半額観劇会」   掲載号:2019/02/01  

【申 込 み】はがき(〒810-8799福岡中央郵便局留「市民半額会」)に代表者の応募事項と希望日時(1公演のみ)、参加人数(2人まで)を書いて2019年2月23日(消印有効)までに市民半額会事務局へ。当選者のみ通知(2019年2月27日ごろ発送)。
【場 所】博多座(博多区下川端町) 
【費 用】A席6,000円(事務手数料・振込手数料別) 
【期 間】2019年4月1日(月)午前11時、2日(火)、4日(木)、7日(日)、9日(火)午後4時(2日は午前11時からの回もあり) 

福岡・博多“深”発見まち歩き 「博多旧市街のまち歩き」   掲載号:2019/02/15  

【申 込 み】ファクスかメール(メール  event-bora@welcome-fukuoka.or.jp )に参加者全員の応募事項と希望日、代表者名を書いて福岡観光コンベンションビューローへ。
【場 所】集合は<1>博多座前(博多区下川端町)<2>地下鉄祇園駅改札口前 
【費 用】 800円(小学生以下300円) 
【期 間】2019年3月<1>2日(土)<2>16日(土)いずれも午後2時~4時半

博多座「市民半額観劇会」   掲載号:2019/01/01  

【申 込 み】はがき(〒810-8799福岡中央郵便局留「市民半額会」)に代表者の応募事項と希望日時(1公演のみ)、参加人数(2人まで)を書いて2019年1月24日(消印有効)までに市民半額会事務局へ。当選者のみ通知(2019年1月28日ごろ発送)。
【場 所】博多座(博多区下川端町) 
【費 用】A席7,250円(事務手数料・振込手数料別) 
【期 間】2019年3月3日(日)、4日(月)、6日(水)、8日(金)、12日(火)、13日(水)午後4時から(12日と13日は午前11時からの回もあり) 

博多座「市民半額観劇会」   掲載号:2018/11/15  

【申 込 み】はがき(〒810-8799福岡中央郵便局留「市民半額会」)に代表者の応募事項と希望日時(1公演のみ)、参加人数(2人まで)を書いて11月24日(消印有効)までに市民半額会事務局へ。当選者のみ通知(11月27日ごろ発送)。
【費 用】A席6,500円(事務手数料・振込手数料別) 
【期 間】2019年1月15日(火)午後1時、16日(水)午前11時、午後4時、17日(木)午後4時、20日(日)午後4時から 

福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131




福岡市ホームページ