かめ棺墓のレプリカ。二つ の大型土器を組み合わせて 埋葬するかめ棺墓は、弥生 時代の北部九州を代表する 墓だった 掲載号:2017/04/01   特集記事, 市政だより記事

もっと知りたい!福岡市の魅力 「日本最古の王墓」 国史跡吉武高木遺跡   2017/04/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー

もっと知りたい!福岡市の魅力

「日本最古の王墓」

国史跡吉武高木遺跡

西区吉武地区で昭和59年から行われた発掘調査で、弥生時代の墓の副葬品が数多く出土しました。当時の社会構造を知る上で重要な遺跡として、平成5年に国史跡に指定されています。

 

三種の神器

吉武高木遺跡で、弥生時代のかめ棺墓約千基や、木棺墓、大型建物の跡などが発見されました。出土品645点は国の重要文化財に指定されています。

特に、1基の木棺墓から揃って出土した二千数百年前(弥生時代中期初め)の副葬品「銅鏡・勾玉(まがたま)・銅剣」は代々皇室で受け継がれてきた宝物「三種の神器」を彷彿(ほうふつ)させ、発掘当時、「王墓発見」と大きな注目を集めました。この銅鏡は、朝鮮半島に起源を持つ多紐細文鏡(たちゅうさいもんきょう)と呼ばれる鏡で、弥生時代中期始めの副葬品がこうしてまとまって発見されるのは初めてのことでした。

さらに他の木棺墓やかめ棺墓からも、弥生時代の青銅製の武器や装身具などが多く出土しています。このことから、中国の歴史書『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』『後漢書』などに記されている「伊都国」や「奴国(なこく)」が存在した1~3世紀よりも前に、王を頂点とした「国」と呼ばれるまとまりがこの地域に存在し、朝鮮半島と交易をしていたことが明らかになりました。

やよいの風公園

4月15日(土)、西部運動公園(西区飯盛)から南へ約600メートル、飯盛山の豊かな自然を背にした歴史公園「やよいの風公園」がオープンします。

市は、史跡の一部を市民の皆さんに公開するために、平成24年度から整備を進めてきました。弥生時代の人々が見た風景や暮らしを感じてもらえるよう、約2.7ヘクタールの広々とした敷地に当時の地形や植生を復元。かめ棺の姿も再現しました。さらに、説明パネルなどと共に、銅剣や鏡等の精巧なレプリカも展示しています。

やよいの風公園は、公園内を巡りながら遺跡や弥生時代の暮らしについて学ぶことができる、これまでになかった「見て、触れて、感じて、学べる」歴史公園です。

かめ棺墓のレプリカ。二つ の大型土器を組み合わせて 埋葬するかめ棺墓は、弥生 時代の北部九州を代表する 墓だった

①かめ棺墓のレプリカ。二つ
の大型土器を組み合わせて
埋葬するかめ棺墓は、弥生
時代の北部九州を代表する
墓だった

②かめ棺に刻まれていた九 州最古の絵画。この2頭のシ カが「やよいの風公園」のシ ンボルマークに

②かめ棺に刻まれていた九
州最古の絵画。この2頭のシ
カが「やよいの風公園」のシ
ンボルマークに

③「三種の神器」をイメージ させる銅鏡・勾玉・銅剣。現 在、市博物館(<strong><noscript><img class=
③「三種の神器」をイメージ
させる銅鏡・勾玉・銅剣。現
在、市博物館(早良区百道浜
三丁目)に展示
④幅30~40メートル、総延 長500メートルにわたる「か め棺ロード」が発見された (昭和60年撮影)
④幅30~40メートル、総延
長500メートルにわたる「か
め棺ロード」が発見された
(昭和60年撮影

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

福岡市LINE公式アカウント開始、友達追加で選んだ情報が届きます。

関連記事


掲載号:2018/10/15   講座・教室, 情報ボックス

市民講座「鴻臚館(こうろかん)学」入門 「鴻臚館での国際交流~入唐僧円珍に送られた手紙と詩~」   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー講座・教室 市民講座「鴻臚館(こうろかん)学」入門 「鴻臚館での国際交流~入唐僧円珍に送られた手紙と詩~」 市博物館の学芸員が話します。 【日時】 10月20日(土) 午後1時半~3時 【場所】 中央市民センター(中央区赤坂二丁目) 【問い合わせ】 史跡整備活用課 電話 092-711-4784 FAX 092-733-5537 【定員】70人(抽選) 【料金】 無料 【申し込み】 はが … 続きを読む 市民講座「鴻臚館(こうろかん)学」入門 「鴻臚館での国際交流~入唐僧円珍に送られた手紙と詩~」


掲載号:2018/10/01   情報ボックス, 催し

市博物館 黒田家名宝展示 「黒田継高和歌・黒田治高書ほか」   2018/10/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー催し 市博物館 黒田家名宝展示 「黒田継高和歌・黒田治高書ほか」 江戸時代中期の筑前福岡藩藩主の和歌や書を展示します。 【日時】10月2日(火)~11月11日(日)午前9時半~午後5時半(入館は5時まで)。月曜休館(祝休日のときは翌平日) 【場所・問い合わせ】 市博物館(早良区百道浜三丁目) 電話 092-845-5011 FAX 092-845-5019 【料金】 一般200円、高大生 … 続きを読む 市博物館 黒田家名宝展示 「黒田継高和歌・黒田治高書ほか」


掲載号:2018/09/15   早良区

特集 早良区の 秋の魅力を 見つけに行こう さわらの秋 パンフレット配布中   2018/09/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 特集 早良区の 秋の魅力を 見つけに行こう さわらの秋 脊振山系に抱かれた早良区は豊かな自然と近代的なまちが融合した地域です。「さわらの秋」をテーマに、早良区の魅力を広く紹介します。 【問い合わせ先】 早良区企画課 電話 092-833-4412 FAX 092-846-2864 パンフレット配布中 飲食店やカフェ、パン、雑貨店など68の協賛店や、早良区内のイベント、見どころ、特産品な … 続きを読む 特集 早良区の 秋の魅力を 見つけに行こう さわらの秋 パンフレット配布中


掲載号:2018/09/15   西区

西区まるごと博物館のイベント 知ってとくする!!西区歴史講座   2018/09/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー西区まるごと博物館のイベント 【問い合わせ】 西区まるごと博物館推進会事務局(西区企画振興課内) 電話 092-895-7032 FAX 092-885-0467 知ってとくする!!西区歴史講座 「福岡藩の幕末維新」をテーマに、市博物館の職員が解説します。 【日時】 10月27日(土)午後2時~4時 【場所】 西市民センター4階視聴覚室 【定員】 抽選で50人 【料金】 無料 【申し込み … 続きを読む 西区まるごと博物館のイベント 知ってとくする!!西区歴史講座


五趣生死輪図(ごしゅしょうじりんず) 江戸時代 掲載号:2018/09/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

特別展 浄土九州~九州の浄土教美術~   2018/09/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー特別展 浄土九州~九州の浄土教美術~ 【日時】 9月15日(土)~11月4日(日) ※一部展示替えあり 【場所】 市博物館(早良区百道浜三丁目) 【開館時間】 午前9時半~午後5時半(入館は5時まで) 【休館日】月曜日(祝休日の場合は翌平日) 【料金】 一般1300(1100)円、高大生900(700)円※かっこ内は前売り 九州全域の浄土教美術約200点が集結 「南無阿弥陀仏」の念仏で知 … 続きを読む 特別展 浄土九州~九州の浄土教美術~


記事一覧


    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 産交ミック福岡支店 
     フリーダイヤル 0120-544-894
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


    福岡市ホームページ